コミュニケーション

人間力を上げる?

コミニケーション能力を上げる
と言う事を抽象的に言うならば、
人間力を上げると言うことではないかと思っています。

人間力を上げると言うと大げさだけど、
コミニケーション能力を上げると、意識すれば
自然と人間力にも磨きがかかることになる。

コミュニケーション力を鍛える、
人間力を上げる、をもっと簡単に言うと、
「いい人で」いようって言うことなんです。

「いい人」て言うと
なんだか利用されそうとか
損してそうとか
いろいろなんだかマイナスのイメージが
つくこともあるんですが、

でもでもよく考えてみれば、
自分の友人に紹介するとき、
自分の家族に紹介する時、
仕事を紹介する時、
いい人じゃない人紹介する?

僕ならやっぱりいい人だから紹介したいと思うし、
いい人だから会いたいと思うし、
いい人だからもっともっと仲良くして
一緒に遊びたい。
そう思うんですよね。

じゃぁいい人にはどうやってなるの?
というと、もちろん1番大切なマインドの話なんだけど
それ以外の部分、目配り、気配り、心配りなど
も、とても大事。
そしてこの部分は練習することで、磨きがかかるし、
ずっとずっと良くなる。今よりも。

そうすることで、マインドもどんどん「いい人」になって、
自分の周りもどんどん「いい人」が集まってくる。

まずは、お付き合いする人にプラスの印象与える
プラスの価値を与える、
ポジティブでいる、

そんな簡単なことから意識を始めてみてはどうだろうか。

これもすぐできるスキルの1つ、
「笑顔で挨拶をできること。」
これは人の集まる人になる、必須条件の1つ。
ぜひやってみてください

今後はこんな内容のメルマガを配信していきますので、
気になる方は、メルマガ登録をどうぞ。

メルマガ登録

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. JAPANESE BATH 象の食べ方の話よみました?
  2. さかなくん ギョっとした話。
  3. 90歳のお客さま やってはいけない、雑談のはなし。
  4. 一風堂 ラーメン屋さんの心配りに感動しました。
  5. 15分あれば喫茶店に入る。
  6. メール うざいアドバイザーからの手紙
  7. ミント やるか、やらないか、迷っているならブログはやった方が良いよ。
  8. 公園 意外なところが攣った話、

ピックアップ記事

  1. 名刺交換
  2. かき氷
  3. ねこちゃん
  4. 天国
  5. シャンパン
  6. 書籍紹介
  7. 日の出湯
  8. ブログ
  9. メモ

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP