コミュニケーション

ブログ筋を鍛え直す。

上野マルイ スターバックスにて

今日は久しぶりに、スターバックスでブログを書いています。
ここのスターバックスはほんの執筆やら、
ブログコンサルの相談をする時にいつも利用させていただk,
とてもお気に入りのお店。
ただ、最近はそういう仕事もしていなかったので、
久しぶりに来ました。

久しぶりにお見かけする店員さんもいて、
なんだかテンションがあがります(笑)

2月毎日更新チャレンジ

それで、改めてなぜ更新を始めたのか?というと
1つはノリです。
2月は毎日更新してやろう!なんて急に思い立ったんです。

2つ目は、大きめのプロジェクトが
プレゼンで負けてしまいまして、(涙)
10年規模の仕事がなくなったからです。

そう、暇になったんです(笑)

3つめ
ブログのセミナーをして欲しいという声を
そこそこ頂くことも多くなってきているんですが、
更新してないのにセミナーできないよ(笑)
って断っていました。

ですが、
自分の仕事って何かな?
なんて考えると、
世の中に価値を残すこと、創造すること、
誰かの役に立つ何かをすることなんですよね。
そうすると、書き方とか、コツとか、
まだまだ僕にもお伝えできることはたくさんあります。
必要とされている以上は
しっかり伝えていくのも仕事だな。
そのためにはまずは更新する筋力をもう一度
付けなおそう。

そう思い、また書き始めたわけです。

ブランドは人につけるほうが圧倒的に簡単

で、久しぶりにスターバックスに来てみて思うんですが、
やっぱり、ブランドというのはお店より人につきやすいんだなって。
すごく感じたんです。

言いたいことわかりますか?

わかんないですよね(笑)
僕の場合は特にかもしれませんが、
今回、久しぶりにスターバックスに来てみて、
久しぶりの店員さんに敢えて、
テンションがあがったんですよ。

スターバックスというお店に来てテンションがあがるわけじゃなく、
「あの店員さんに会えて」
テンションがあがったんです。

そうするとやはり、ブランドというのは
お店よりも人につけやすく、
その人となりというのを表現しやすいのは、
ブログであったりSNSであったり。
コミュニケーションを大切にしていくうえで、
個人のブランディングという切り口で
メディアをもっていくことが
大切だし、
会社の、企業のブランディングするよりも
よっぽど簡単なことなのかもしれません。

ブログは個人のパーソナリティ出しながら
書くほうがいいよ。
っていつもお勧めしてるんです。
極端な事を言えば、
お店の宣伝とかいらない(笑)
10回に1回くらいでいいと思います。

あなたに会いに来たわ!、
あなたから買いたいわ!

そう言ってもらえるほうが、
よっぽど売れますから。

更新頻度は高いに越したことはないですが、

ぼくがメディアに取り上げられるきっかけを作ったブログは

1年間で36回しか書いていないので、
必ずしも更新頻度と、比例するわけでも無いと思ってます。

その辺の話はまたおいおい!

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. ハッキング ブログがハッキングされました、、、
  2. 綺麗な女性に声をかけて、お願いをしました。
  3. 素晴らしい接客をする店員さんに出会いました。
  4. 15分あれば喫茶店に入る。
  5. カフェ 第一印象って実は会う前から決まってることあるよね。
  6. 欧陽菲菲みたいなケーキ屋さん、なんだっけ?
  7. 一風堂 ラーメン屋さんの心配りに感動しました。
  8. 怒り! 携帯電話のマナー

ピックアップ記事

  1. ブログ
  2. シャンパン
  3. かき氷
  4. 書籍紹介
  5. 墓参り
  6. メモ
  7. 日の出湯
  8. お客さま
  9. 名刺交換

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP