コミュニケーション

そんなんでええんか?

今年の正月のことです。
珍しく1月3日に休みを取り、家族で豊洲のららぽーと行ってきました。
(普段はだいたい仕事してる)

昼間から夕方にかけてショッピングを楽しみ、
なかなか正月に出かけることがないので、
お正月のショッピングモールの初売りセールなどに
空気感(笑)を堪能してきました。

もちろん正月休みなので人が多く、
ショッピングモールはとても賑わっていました。

お正月ってこんなに賑やかさがあるんだなぁ、
なんてしみじみ感じながらも
夕方6時過ぎてきたので晩御飯でも食べてそろそろ帰ろうか?
と言う空気になってまいりました。

何食べたい?なんて聞きながらお店をうろうろしてると大体どこも満席。
子供2人連れて、レストランに並ぶ・・・
なんてことをちょっとしたくありませんでした。

だけど、あるお寿司屋さんだけ並ばずに入れそうでした。

お寿司にする?

なんて妻に聞くと

お寿司いいね!!

と妻もニコニコ。

早速家族で入り、お寿司を注文し
美味しくパクパクと食べていました。

しばらくすると他の子連れのお客様が入ってきて
同じようにお寿司を注文してパクパク。

お互い家族で楽しい時間を過ごしていました。

お金を払えば偉いわけじゃない。

だけどなんだか気になります。

何かが気になるなぁ…と
思ってなんとなく見ていたんですが、わかりました。

お父さんの態度は店員さんに対してでかすぎるんです。

すごく偉そうで、
ちょっとでも遅いと

「早く持ってこいよ!!」

などと言っています。

年頃はそうですね僕と変わらない40手前ぐらいでしょうか、
もしかしてもうちょっと若いのかもしれません。

子供の手前とか子供の教育上とかそういう事は別にどうでもいいんですが、
定員さんに対して横柄な態度をとるのはいかがなのか?
私も接客をやっているからか、態度のでかいお客様には辟易としています。
お金払ったらそんなにえらいんか?と。

僕は常日頃から、商品やサービスを提供してくれている
お店の人にも感謝の気持ちを持つべき。
そう考えています。

今回の件で言えば、
本来なら休みたいであろう、正月の3が日から
営業していてくれているお店の人に対し
感謝の気持ち1つくらいもってもいいんじゃないか?
そう感じたんです。

ただいつもこういう人見ると思うんです、

態度が偉そうとか横柄な人って
クレームを言う率が高いんではなくて、
その態度がクレームを読んでいるんじゃないか?
って。

実は人は無意識のうちに、
相手(客側)の態度を見て自分(店員)の態度も悪くなっていて
無意識に質の悪いサービスを提供し、
そして、クレームを出さざるを得ないサービスを受ける。
でもその原因は実は自分の態度のせいだった?
そんなこともあり得るんじゃないかな?
なんていつも思ってます。

だからこそ自分はいつも、
店員さんに対してちゃんと感謝の気持ちを述べる、
横柄な態度をとらないそんなことを気をつけています。

もちろんなかなか全部そんなうまくいくわけではないんですけどね!
今のところクレームを出すようなことにはなっておりませんので、
もしかしたらあるかもしれませんね(笑)

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 16分 ブログは気楽に書こう!
  2. 我が家に舞い降りたヨックモック神。
  3. 食事 奥さまに見せちゃだめよ?
  4. かき氷 ◯◯マニアの番頭と呼ばれる理由
  5. 傘 雑談力をあげるなら、○○をチェック!
  6. 美容院 美容院で話しかけられたら、どう応える?
  7. ドラクエ3 人生を好転させた攻略本
  8. お店 店舗で見て、ネットで買う。これってモラル違反?

ピックアップ記事

  1. 墓参り
  2. ねこちゃん
  3. 書籍紹介
  4. 名刺交換
  5. お客さま
  6. メモ
  7. シャンパン
  8. 天国
  9. 日の出湯

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP