コミュニケーション

「FinancialAdviser」1年間の連載を終えて。

ブログを1年間も放置してきた理由

日の出湯の番台にて。

今日は久しぶりに、ブログを開いて書いています。
なぜ1年も休止してきたのか・・・。
それは、実は1年前から雑誌の連載をしていたからなのです。
月1の連載で、ブログが書けなくなるほど大変なのか?
そう聞かれたら、答えは

「NO]

です。

そこまで大変ではありません。

ただ、実は、雑誌の連載がきまり、初稿を出したときのことなんですが、
これまでに無いくらいの、苦戦をしました。
出版した時よりも大幅に苦労をしました。

というのも、ここ数年、文章を書くのは
SNSかブログのみ。
そこには字数制限もなく、
読んでくれる読者も、無料で読めていたため、
あまり気にせず思うままに書いてきました。

ところが、雑誌の連載はそうではありませんでした。
字数も厳しく制限され、
1200文字とい言われたら、1200文字をオーバーせず、
1140−1200文字の間で出すこと。
紙面のレイアウトを考えて、400字x3部構成で提出すること。
そういった制限が厳しく課せられました。

必ずソリューションを求められる。

雑誌というものは
読者はみんなお金を払って読んでいます。
このブログのように、Googleで検索し、
だれでも読めるものではありません。
ですので、かならず、1つの記事に対し、
1つのソリューションが求められました。

考えれば、あたりまえのことなんですが、、、。
ブログのいいところは、レイアウトなどを
そこまで気にせず、字数も気にせずかけるところ。
そして自由な口調で、自由なことをかけることです。
だってすべての責任は自分にあるのですから。

400字で具体的な体験談を書き、
400字で解決方法を考え、
400字でソリューションを書く、

毎回そのような「型」で書き続けてきたせいか、
だいぶその形で書くことにも慣れました。
つまり、ブログの書き方を雑誌の方にひっぱってしまい
とても苦戦したので、ブログの方を休んでいました。(笑)

新プロジェクトスタート?

実際にブログは、お店のブログも書いていたり
店舗でニュースレターのようなものも書いています。
これ以上書く仕事を増やすのも、いかがなものか・・・
そんな思いもありましてのブログの休止。
今後については、まだ未定ですが
大きなプロジェクトがスタートする可能性もあります。
10年規模のプロジェクトでこれがスタートしてしまえば、
とてもじゃないですが
ブログを書いたり、これまでのようにブログセミナーをしたり、
ということはもうできなくなります。
とはいえ、まだまだコミュニケーションや接客やブログについて
溜め込んだノウハウをもったままにしておくのは、
自分的に納得がいかないという思いもあります。

ブログやセミナーができなくなるにしろ、
WEBセミナーやPDFなどの形にして、
ブログを書く上で役に立つこと、
接客をする上で役に立つこと、
そんなことを残しておきたいと考えています。

本日はこのへんで!

I hope see you again!!

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. なぜ健康に気を使うのか?
  2. ひなまつり 最も丁寧にコミュニケーションを取らなければいけないのは、、、
  3. 日の出湯 ひどいセンスの菖蒲湯、、、
  4. 名刺交換 日本一◯◯交換の多い銭湯?
  5. Mac ぼくが居ないと回らないお店は無責任?
  6. ダンデライオン ぼくから妻への手紙。
  7. がっかり やっぱり変われない、ダメな自分。
  8. 泥棒 【空き巣対策書!?】大泥棒【書籍紹介】

ピックアップ記事

  1. シャンパン
  2. 日の出湯
  3. メモ
  4. 天国
  5. 墓参り
  6. ねこちゃん
  7. 名刺交換
  8. ブログ
  9. 書籍紹介
  10. かき氷

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP