BLOG

ブログ

ぼくはいま、スカイツリーの隣りにあるソラマチという商業施設の中を歩いています。
というのも、週に一度のお休みで、
家族と出かけようということになり、
買い物と、食事に来たわけです。

とりあえず、買い物も、食事もすませて、
あとは帰ろうか、、、
というところで、
ふと思いだ出したのです。

以前ぼくが出かけているときに、妻が子供と二人でソラマチに来たことを。
そしてそのときに、ふたりでこっそり美味しいケーキを食べたことを・・・。

そのことを思い出したぼくは、
自分が仲間はずれにされた寂しい気持ちと、
おいしいケーキを食べたい気持ちががまんできなくなり、
どうしてもそのケーキ屋さんんへ行きたくなりました。

行きたくなんたんですが・・・

ですが・・・・

どうしてもケーキ屋さんの名前がでてこずに、

あそこ行こうよ!!

って言えないのです。
このままでは駐車場に着いてしまう・・・!
焦りに焦ったぼくから出た言葉は、

「欧陽菲菲みたいなケーキ屋さんなんだっけ????」

という、わけのわからない質問でした。

それを聞いた妻が、

「あぁ、キルフェボン?」


って、返したのです。

!!!!!!!!!

ぼくは衝撃をうけました。

まさか、欧陽菲菲みたいなケーキ屋さんなんだっけ?

って、聞いて

キルフェボンが帰ってくるとは・・・。

そしてそれは、正解なんです。

ぼくはキルフェボンがでてこずに、

なぜか欧陽菲菲と言ったのでした。

伝わるわけないと思ったこの言葉が、

妻にはしっかりと伝わったのです。

まぁ、15年くらいの付き合いですから
それくらいわかるだろう・・・
と、思うかもしれませんが。

これはたぶん、ソラマチを歩いていた事や、

ぼくが過去にしたわけのわからない質問、

覚え間違えなどから、出てきた答えなんでしょう。

あまりの衝撃だったので、ついついブログにしてしまいました。

最後までしょうもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。

また書きます。

たむら

P.S.

人工知能じゃきっとこの答えはだせないんじゃないかなぁ・・・

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。