コラム

セミナーでいただく、一番の報酬

セミナールーム

セミナールームにて

今日は久しぶりに、セミナーを開催しました。

そして、ぼくはいま、
セミナールームで、
コーヒーを飲みながら、
参加者の方から頂戴した
感想を読んでいます。

セミナー感想

いつもセミナーが終わったあとで思うのは、
こうやって、参加してみて
学んだこと、感じたことを
直接、参加者の方から聞けるのは本当に嬉しいことだなと。

セミナーを開催する直前はいつも大変。
資料準備に追われ、伝え方の改善をはかり、
時には動画を撮ってみて、
参加者の視点からどう見えるのか?
確認し、そして本番に挑みます。

ぼくは実は人前で話すこと、はあまり得意ではありません。
緊張で胃を痛くしてしまいますし、脇から変な汗もかきます(笑)
だから、どうしても一週間くらい前は、ピリピリとしてしまいます。

緊張する一番の理由は、
おこがましくも、
少なくないお金を頂き、
休日の時間を頂戴して、
ぼくの話を聞いてもらうわけですから、
内容がつまらなくて、、、
役に立たなくて、、、
良い理由がないです。

だから、がんばる。

その報酬として、

「ありがとう」

と、いってもらえる。

こんなに幸せなことはない。

これが一番の報酬。

いつもそう感じています。

考えてみれば、
商売はいつだってそうじゃなきゃだめですよね。

銭湯だってそうですし、
セミナーだって同じです。

お客さまに感謝されるように。

ありがとうと言われるような
商品を販売しなきゃいけないはずです。

そうでないと、お互いに非常に不幸な話。

だから、ぼくは、
いつだって、「ありがとう」と言われるように
商売を心がけて行きたいと思っています。
本日はこのへんで!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

次回開催予定

次回開催予定は、未定ですが、
決まり次第メルマガにて連絡いたします。
登録がまだの方は、この機会に是非とも。

メルマガに登録して特別割引券をGET!

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 木陰で雑談 雑談力の上げ方。
  2. 綺麗な女性に声をかけて、お願いをしました。
  3. クレームだ! クレームにどう答える?
  4. 墓参り 【お知らせ】又三郎生誕102年ブログセミナー半額キャンペーン終わ…
  5. 看板を背負っていますか?
  6. 人生を変えたブログの話
  7. 109 入りやすいお店の共通点
  8. ついに・・・やってしまいました・・・。

ピックアップ記事

  1. 名刺交換
  2. メモ
  3. 墓参り
  4. 日の出湯
  5. ブログ
  6. シャンパン
  7. ねこちゃん
  8. かき氷
  9. 天国

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP