コミュニケーション

こんな事でムカつくなんて器小さすぎ?

器ちいさすぎ?

近所のカフェにて。。。

ぼくはいまむかついています。

というのも、些細なことなんだけど、、、

さっき行ったカフェでのこと。

いつもどおり、
コーヒーを買おうと、カウンターに並びました。

そこのカフェは店員さんも多いせいか、
毎日のように行くのに、
毎回、

「ミルクとお砂糖はいりますか?」

と、きかれるので

必ず最初に。

「ブレンドの小さい方を、ブラックで持ち帰りでお願いします。」

と、注文するようにしています。

そして今日もいつもどおり注文しました、
すると、、、

「ブレンドSサイズ、テイクアウトですね」

と、言われました。

いや、本当にどうでもいいんですよ?

すごく些細なことなんだけど、、、

言い直されると、

「あれ?なんか間違えた?」

そこ言い直す必要あったんかいな?

あれ?間違いを指摘されたみたいで、
ちょっと恥ずかしくない?

なんかむかつわー・・・。

なんて、そこはかとなく、ワナワナしているのです。

あなたはどう思いますか?

どうですか?これ、どう思います?
ぼくの器が小さすぎますかね?

もちろん、テイクアウトでなんの間違いもないですし、

正しいことですよね。それはわかります。

相手の店員さんは1mmも間違ってないです。

ただ、なんかこう、、、

「ププ、持ち帰りだって、テイクアウトっていえよ〜ぷぷぷ」

なんて思わてるんじゃないか?
って気がしちゃいますよ。
ぼくは。

言い直されるとね・・・。

間違いを指摘されて、公衆の面前で
なんか、こう、、恥をかかされた気分です・・・。
温かいコーヒー飲みに来ただけなのに・・・。

正確性よりも相手に合わせる事も大事なんじゃない?

と、まぁ、このように

いくら正しくても、相手に合わせることって大事なんじゃない?
って常日頃から思います。(もちろん優先度はある)

持ち帰りでお願いします。

と、言われたら、

「持ち帰りですね。」と、

夜でも、「こんにちは、」っていわれたら、

「こんにちは、」

と、返すとか。

些細なことなんですけど、

合わせて問題ないところであれば、
合わせても良いんじゃないでしょうか。

そんな事があったんで、
この前、某Sコーヒーはどう応えるかな?

なんてちょっと試してみました。

Sコーヒーでは、コーヒーは

・アメリカーノ
・ドリップコーヒー

と、ありますが

ブレンドコーヒーというのはありません。

そこで、ブレンドコーヒーと注文をすると、どうなるのか?

試してみたところ、、、

「ブレンドコーヒーのSサイズください。」

と、いったところ

ブレンドのSですね、ホットでよろしいですか?

という答えが帰ってきました。

なるほど、、

某Sコーヒーは、言い方を合わせて返してくるのか、

これはマニュアルなのか?
それとも、その店員さんの個人プレーなのか?

ちょっとそこまではわからないんですが、
この対応で消して悪い気は起きないですよね。

はっきり言って、どうでもいい話です。(笑)

小さい話です。

ですが、

コミュニケーションを大切にしているならば

そんな小さなところまで、
気を配ってもよいのではないでしょうか?

ぼくも、「こんにちは〜」
なんて入ってくるお客さまに、
「こんばんは〜!」
と、返してしまうことがあるので、
まぁ、今日のブログは、自分の反省も込めてかきました。(汗)
本日はこのへんで!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 怒りの拳 ホントは辞めたい、ダメな自分。
  2. 著者 トゥーシャイシャイボーイ系職人。
  3. 温泉 女の人もお風呂で「 」って言うのかな?あれ、男の人だけ?
  4. なんでもかんでも自分でやってはだめ。
  5. メール うざいアドバイザーからの手紙
  6. ダンス風呂屋に華やかな光
  7. 家政婦のミタ カリスマ店員に会いにいった話、
  8. Kくん、4歳(お母さんは美人)がぼくを元気にしてくれた一言。

ピックアップ記事

  1. 書籍紹介
  2. かき氷
  3. 墓参り
  4. 日の出湯
  5. ねこちゃん
  6. ブログ
  7. 名刺交換
  8. お客さま
  9. 天国
  10. シャンパン

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP