コミュニケーション

肉神さまに出会った。

ローストビーフ

ぼくはいま、スーパーのレジに並んで、苛ついています。

と、いうのも、

レジに並んだら、

「いまレジ開けしてるんで、ちょっとまってください。」

と、言われ、かれこれ5分近く待っているから。

隣のレジに並んでいれば、もう買い物も終わっていたはず。

ですが、いまや隣の列はもうすでに長蛇の列。。。

これで隣に乗り換えた途端にのレジが開いたら・・・

そう思うとレジを変えることができずに、
待ち続けているのです。

あまりにも待たされているので、

「まだかかりますか?」

と、聞いたら。

「いいですよ。」

と、、、

(いいなら早く言ってくれよ!!)

そう、思いながらもレジをお願いしました・・・。

「お待たせしました。」

の一言もなく、レジを打ち始めるレジ担当の女性。

見たところ、50代半ばくらい。
無表情で機嫌が悪そう。
手つきは慣れているので、ベテランであることは
伺えます。
それにしたって、一言あってもいいのに・・・

レジを待たされてイライラして、
小さなことにまで腹が立ってきていました。。。

ピッ・・・。

ピッ・・・。

ピッ・・・。

レジを打ち続ける女性。

ピッ・・・。

ピッ・・・。

ピッ

ドチャッ!!

!?!?!

なんだか激しく嫌な音がしたのですが・・

どうやら、ローストビーフ用に買った肉の塊を
かごの中に、勢い良く落とされたようです・・・。

はぁ・・・。
(交換してくれるのかな・・・)

なんて思っていたけど、
そんなことをしてくれるわけもなく

ついに苛々が爆発・・・・!!

しそうになるのをこらえ、

会計を済ませ、イライラしたまま帰宅しました。

なんだろう、あの店員・・・まじありえん・・・

家に帰る途中も、イライラが収まらなかったのですが

生まれ持っての小心者のぼくは、
クレームなど言えるわけもなく、帰宅の途についたのでした。

イライラしながらも

気持ちを切り替え、

明日のパーティー用のローストビーフを焼くために、

早速、準備を始めました。

肉をオイルに浸したキッチンペーパーで巻き

120度に加熱した、オーブンに放り込み
1時間・・・。

1時間後に取り出した肉に、塩をすり込み

鉄のフライパンで焼き目をつけて、
焼き目がついたら、アルミホイルで包み
10分ほど寝かせたあとに、

ちょっとだけ切って試食してみました。

すると・・・

メッチャうまい。

なんだこれ、メッチャうまい!!

ぼくが興奮気味にうまいを連発していると、
怪訝な顔して、妻がやってきました。
妻にも試食をしてもらうと、

「う、、、うまい・・・・!!!」

と、妻も驚く美味しさ。

肉は柔らかく、塩もいい感じ。

焼けすぎず、生すぎない、ちょうど好みのローストビーフに
なりました!!

さっきまでイライラしていたのも

すべて吹っ飛び、

そして、イライラしたことを思い出し見て

ハッとしたのでした。

実はあのぼくを最高にイラつかせた店員さんは、

”肉神さま”だったのではないかと・・・。

というのも、

レジで待たせるのは

肉を常温に戻すことで、火の通り具合を良くするため、

肉を落としたのは、

肉を叩いて柔らかくするため、

その結果、美味しいローストビーフができたのではないか?

そう思うのです・・・。

ぼくは、スーパーのほうの空に向かって

肉神さまに感謝をしました。

「全ては肉神さまのご厚意だったのですね・・・。」
「そうとは知らずにイラついてしまい・・・すみません・・・」

おかげさまでローストビーフがうまく焼けました!
本日はこの辺で!最後までお読みいただきありがとうございました!

Fin

P.S.

肉神さまでもなく、
コミュニケーションを大切にしているぼくらは、
人を待たせた時は、お待たせしました!の一言くらいは言ってもいいと思います。

P.S.2

人をイラつかせてくる、失礼な店員さんは、
もしかしたら、肉神さまであって、
あなたへのご厚意で、そういう行動をしているのかもしれません。
ですので、ちょっとやそっとのことでイラつくのはやめましょう。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 器ちいさすぎ? こんな事でムカつくなんて器小さすぎ?
  2. 小さなしあわせを感じるには?
  3. ルマンドアイス ルマンドアイスを作って食べてみた。
  4. ハッキング ブログがハッキングされました、、、
  5. ねこちゃん 数々の健康本を読んできたぼくがオススメする1冊。
  6. 怒りの拳 ホントは辞めたい、ダメな自分。
  7. 商売繁盛セミナー POPで悩んでいるなら参加すべきセミナー
  8. ドラッカー 強みの上に築け!

ピックアップ記事

  1. 名刺交換
  2. 日の出湯
  3. ブログ
  4. 墓参り
  5. 書籍紹介
  6. シャンパン
  7. 天国
  8. かき氷
  9. メモ

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP