BLOG

ブログ

有楽町マルイのSTARBUCKSにて、、、

ぼくはいま有楽町のスターバックスにいます。
このスターバックスはTSUTAYAと一緒になっていて、
本を何冊か選んで、
コーヒーを飲みながら楽しむことができるというスターバックスです。

僕も何か本を探して読みながら、
コーヒーでも飲みたいなー
と思っていたんですが、
手元に読んでいない本は2冊持っていたので、
その本を読むことにしました。

少し混雑気味だったのですが、
座るとこくらいあるだろうと思い、
席を取らずに
コーヒーを買うためにカウンターに並んでいました。

ドリップコーヒーのショートサイズを受け取り、
空いている席を探していると、、、
意外と空いていない、、、。

お、空いてる!!
と思うとハンカチが置いて席がとられていたり、
と皆さんなかなか慣れていらっしゃるようで
ちゃんと席を取りから本を探しに行ったり、
コーヒーを買ったりしているようでした。

どうしようかなぁ、、、

と思って周りを見渡してみるとソファー席が空いているのが見えました。

空いてると思いその席に近寄ると、
1人の女性が座っていらっしゃいました。

ダメか、、、

と思ったんですが、
その方はイヤホンをしてパソコンをしている様子。
お連れ様がいないようだったので、
思い切って声をかけてみることにしました。

「すいません、空いている席が見当たらないので、こちら相席さて頂いてもよろしいでしょうか?」

とお願いすると、、、快く快諾いただきました。

こうしてぼくは、座り心地の良いソファーをゲットし、
のんびりと本を楽しむことができました。

思い返してみると、
こうやって知らない人に声をかけるという行為、
僕は非常に苦手です。

出前の注文や、レストランの予約の電話ですら、
じつは、滅茶苦茶苦手なんです。。。

ですので、
相席をお願いするのでもってのほかですし、
席がなければ、ずっとウロウロ持って歩いていますし、
もしかしたらそのまま、
コーヒーを持って外へ出ていたかもしれません。

コミュニケーションは慣れの部分も大きい

ではなぜ声をかけることができたのか?
というとやはり先日の英会話のワークショップで
実際のフィールドワークとして、海外の観光客の方に声をかけたのが
良かったのじゃないかな?と思っています。
知らない人に声をかけると言うことで、

声をかけるという行為に慣れ、


思い切って話しかけることができたんじゃないだろうか?
心理的な障壁がいつの間にか下がっていたんじゃないか?
と思っています

英語の勉強のためにと思い開催し参加した英会話のフィールドワークでしたが
思いもよらないところでコミニケーション能力の向上に繋がりました。

思い返してみると、コミュ二ケーション能力の向上と言うのは、
慣れの部分が非常に大きいのではないかと思っています。

人に話しかける、
会話のキャッチボールをする、
挨拶をする、
笑顔で話しかける、
笑顔で応対する、
うなずく、
などなど、、、

コミュニケーションの問題は

慣れる

ということで解決することは、
非常に多いんじゃないでしょうか?
(もちろん全てではないですけど、、、)

というわけで、
今後の開催は未定ですが、
もし興味があるんでしたらメルマガなり登録していただければ
ご連絡させていただきますので皆様のメルマガ登録をお待ちしております。
(もちろん無料ですし、いつでも解除可能です)
登録はこちらから

メルマガに登録する

P.S.

桂川さんも先日のことをブログにしてくださいました。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。