コミュニケーション

Do you need help??

さくらテラスのタリーズにて。

上野さくらテラスのタリーズにて、、、

いま僕は、困っている外国人観光客を探す為に、
タリーズにて、作戦会議をしています、、、。
と、いうのも、先日登場した、ミャンマー帰りの桂川さんが、

「たむらさん、英語のワークショップしません?」

と、誘われて、
内容を聞いてみると、
上野や浅草などの観光地で道に迷ったり、困っている観光客の人に
英語で話しかけて、英語の勉強をしつつ、人助けをする。
という内容のもの。

予てから、英語の勉強はしておかないとな、、、
と、思っていたので即決で参加を決めました。

そしていま、タリーズから上野動物園口の改札のそばで、
困っていそうな美人ママを見つけ、話しかけています。

「Hi,Do you need help?」

「Oh…I want see…ぞう!」

「え?ぞう・・・?Elephant?」

「Yes!」

「DO you want to go Ueno zoo?」

なんて、非常に拙い英語でがんばってみました。

はじめから英語力がないのはわかっていたのですが、
やはり、大雑把な話で多少の人助け?はできるけども、
コミュニケーションは全く取れないことを痛感しました。

kgyjpg
今回の、ワークショップには、
桂川さんの他にも、海外留学をし、ブラジルでの勤務を経て帰国された
椎名さんもご一緒だったので、
(↓ 椎名さんの詳しいプロフィールはこちら ↓)
プロフィール

こんな時は、どうしたらいいのか?
どんな話で繋いだらいいのか?
日本語でこう言いたいのだけど、、、、

という、細かい質問に対し、

真摯なアドバイスを頂き、非常に有意義かつ、
楽しいワークショップになりました。

結果的には、2時間弱で、

フランス、ポーランド、台湾、ロシア、タイ、、、、
と、聞き忘れも含めても5カ国以上の人とふれあい、
英語力の無さを痛感したのでした、、、
そろそろ時間だから次で最後にしよう

と、最後に声をかけたのが

ガイドブック片手に、ウロウロしていた若者。
声をかけたら、カメラ屋さんを探しているとのこと。

もう帰るところだったので、

「それなら、一緒に連れて行くよ」

と、ヨドバシカメラまで案内をしながら、

色々と話しを聞かせてもらうと、
タイから、農業の勉強をしに来たそう。

ヨドバシカメラにはカメラを買いに来たわけではなく、
ちょっとカメラの調子が悪いので修理をしたい。。
そんな理由で探していました。
ヨドバシカメラに到着後、
店員さんまで案内すると、、、
チョチョイのチョイと直してくれました(笑)

いやー、よかったよかった、それじゃねー

と、帰ろうとすると、、、

「もう1個だけ!!SIMカードがほしいんだ・・・!」

と、言われ、隣のヨドバシの携帯館まで案内し、
一緒にSIMを選び、お別れをしました。
(あっさり書いたけど、ここで桂川さんが親身になって、30分以上一緒に悩む)
IMG_7350

別に大したことはしていないんですが、
英語の勉強をしながら、
困っている人を助け、
感謝されてしまうなんていう
素晴らしいワークショップに参加でき、
とても良い1日となりました。
tai630

また次回開催するようなことがあれば、
こちらでも告知させていただきます。

本日はこの辺で!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

P.S.

最近思うんだけど、英語が話せると、コミュニケーションを取れる人たちが
いきなりガガーンとうなぎ登りで増えるよね。
いつか英語で講演とかできるレベルになりたいものです。

P.S.2

西洋美術館まえでご年配の夫婦が写真をとっていたので、
「写真撮りましょうか?」と、いって撮っていたところ、
椎名さんと、桂川さんに、
「自然すぎ!!!」と、驚かれました。
ご年配の方に話しかけるのは心理的障壁が無いんですよね、、、
何時も通りのことをやっただけなのに、あまりにも驚かれたことが
非常に新鮮でした。
外国人に話しかけるのも慣れの問題なのかもしれませんね。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 怒ってます。 地図ぐらい読めるわ!(怒)
  2. スタバカップ 別れ際どうしてる?
  3. JFK JFKの決断
  4. 公園 意外なところが攣った話、
  5. COFFEE コーヒーには砂糖いれる?ミルクは?
  6. えがお 良い顔の人と悪い顔の人の違い
  7. IKEUTIORGANIC 良い物を長く使いたい。そんな人向けのタオルに出会いました。
  8. 上野で困っていたタイの人 英会話を習う事は、時間をお金で買うということ。

ピックアップ記事

  1. ブログ
  2. かき氷
  3. ねこちゃん
  4. 墓参り
  5. シャンパン
  6. 天国
  7. メモ
  8. 日の出湯
  9. 名刺交換

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP