コラム

座らない!!

座らない!

座るのは喫煙より体に悪い

座ると言う行為は、
現代社会で最も見過ごされがちな健康リスクです。
これは目に見えない疫病と同じであり、
私たちの健康を蝕んでいます。
世界的に見ると、
運動不足で死ぬ人は、
喫煙で死ぬ人よりも多いのです。
一日6時間以上座ると、
早死にするリスクが大きく高まります。
どんなに運動しても、
どんなに健康的に食べても、
どんなに禁煙しても、
過剰に座る習慣を改めない限りは
健康問題を誘発します。
車を運転している時、
テレビを見ている時、
会議に参加している時、
パソコン画面を見ている時、、、
座らなければならない状況はいくらでもあります。
1時間座るたびに活力を失い、
健康を害しているのです。

座らない!成果を出し続ける人の健康習慣
P40より

今週の書籍紹介は

「座らない!」トム・ラス(Amazon

これは、ビジネスで成果を出している人の

健康習慣について書いた書籍。

健康本好きのぼくとしては、

手を出さないわけにはいかない本でしたので

発売日に飛びついて買いました(笑)

座り続けることの、リスクについて
色々と書かれているんですが、

現代社会で、

座らないで仕事している人は

圧倒的にマイノリティですよね?(汗)

もちろん、

立ち仕事もたくさんあるのですが、

PCで仕事する方は、

ほとんどの方は座っている時間が

6時間以上あるのではないでしょうか?

ぼくも、ちょいちょい立ったりしているものの、

番台には6時間以上いますし、

その他、家の中でも

座っていることは

非常に多いです(汗)

書籍紹介をしつつも、

自分も、1時間に1回は立つように

心がけたいと思います。

座り仕事が多いみなさん、

ぜひこの書籍、チェックしてみてくださいね。

本日はこのへんでー!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

P.S.

睡眠や、食事の情報も結構載っていますよ〜。
「座らない!」トム・ラス(Amazon

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 上野で困っていたタイの人 英会話を習う事は、時間をお金で買うということ。
  2. JFK JFKの決断
  3. 君はどこへでもいける 君はどこへでもいける、僕はどこへも行かない。
  4. 古代檜風呂 2年前のブログ記事
  5. IBM X1Carbonを見てきた話。
  6. 歩いた子供 何でもないような事に感動するようになってしまった。
  7. 傘 雑談力をあげるなら、○○をチェック!
  8. 行動力が皆無のぼくが行動した理由

ピックアップ記事

  1. ねこちゃん
  2. お客さま
  3. メモ
  4. 天国
  5. 墓参り
  6. 日の出湯
  7. 書籍紹介
  8. ブログ
  9. シャンパン

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP