BLOG

ブログ

古代檜風呂

Fcebookを見ていると、
過去の投稿で、
2年前に、
書いたブログ記事が、出てきました。
2年前のぼくの想いが、
残っているというのは、
非常に感慨深いです。

改めて読んでみると、
こういう考え方が、
ブログを書くことで、
当たり前のように
自分のマインドに染み付いて、
自分を少しは成長させてくれたのかな?
なんて思います。
そして、自分の定点観測としても、
非常に面白いなぁと、
改めて、書いておいて良かったと思っています。

今日はそんなブログのシェアです。
良かったら読んでやってください、

2年前の4月14日のブログ記事

実は先日から、
月に2回ほど、
お風呂の掃除の外注を始めました。
お願いしたのは、
墨田区にあるユニークジョブサポートのみなさま。
ユニークジョブサポートでは、
障害のあるかたの就労支援をしており、
その一環でお風呂の掃除をしていただいております。

僕は先日、

銭湯も社会貢献をしていかないといかん。

そんな記事を書きました。

今回お願いしたのは、
銭湯だってどんな小さなことでもいいから、
社会貢献ってできるんじゃないか?
寄付をするだけではなく、
他の社会貢献活動だってある!
そっちもやっていこう!
そう僕に教えてくれたのはお世話になっている
村尾隆介さんでした。

実は今回ユニークジョブサポートさんにお願いしたのは村尾さんの教えだけではありません。

僕には障害のある姪っ子がいました。

その子に初めて会ったのは
まだ1歳くらいのころ。
その子が僕の膝の上に座ってくれた時に、

その子の将来について考えたことがありました。

この子はどういう人生をおくるんだろうか?

おとなになった時に仕事はあるんだろうか?

もしも仕事がなかったときは、
なにかしらお手伝いをしたい。
そんな思いがありました。

今回、普通にアルバイトをの方を探せば、
コストで言えば安かったと思います。

それでも今回ジョブサポートの方々に
お仕事として、お願いをしたのは
前述の姪っ子、ももちゃんの存在が大きかったから。

もちろん、今回お仕事をお願いしたのは
社会貢献活動とは言えないほどの
ほんのマイクロステップ、
ベイビーステップ程度のことです。

それでも、小さな一助になれたらと思っています。

これからもまちの小さな銭湯だって
なにかしら社会の役に立つことができると、
証明し続けていきたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

編集後記

今でも、もちろん
お仕事のお手伝いをして頂いております。
当時から、変わらないメンバーも居ますが、
就職が決まり、会えなくなってしまった
メンバーも。
素晴らしいことなんだけど、
ちょっとだけ寂しいですね。
きっとどこかの企業で活躍されているはず。
これからも微々たるお手伝いを
していければと、思っています。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。