BLOG

ブログ

上野のスターバックスにて。

いま僕は、上野で用事を済ませたあとに、
ちょっとコーヒーを飲みに
いつもの馴染みのお店、
スターバックスに居ます。

ここはお気に入りのお店で、

人と会うとき、

ちょっとコーヒーを飲みたいとき

などはこのお店に来るようにしているのです。

先日のSさんとお会いした時も、
ここのお店でした。

なぜこの御店に決めているか?

それは、

いつも気持ちの良い対応と、
おちついた店の雰囲気、
客層など、

好みとあっているから。

Sさんも、

「ここのスターバックスは雰囲気良いですね〜!」

と、おっしゃってくれました。

そんなお気に入りのスターバックスなんですが、、、
今日はなんか違う。
いつもと雰囲気が違うのです。

滞在しているお客様層なのか?
いや、
それはある程度いつもバラつきがあるので
しょうがないことですし、
それではない、、、

では、違和感の理由は・・・?

直感で感じた、違和感の正体。
すぐにわかりました。

それは、

いつもの知っているスタッフさんが一人として居ない

ということでした。

スターバックスは言わずもがな
全国チェーンのお店。
いや、全世界のチェーンですね。
どのテンポに行っても、

だいたい同じサービスと
だいたい同じ味のコーヒー
だいたい同じ店の雰囲気。

サービスが高いクオリティーで保たれています。

ですが、

どこに行っても細かい点まで
全く同じというわけでは無いですよね、
(当たり前)

それに気が付けたのは、
いつもの馴染みのお店の雰囲気が違ったこと。

違うお店にいけば、店員さんが
違うのが当たり前なので、
気が付かないのですが、

同じお店で、店員さんが違うというだけで、
お店の雰囲気がこうもかわるのあか!
と、驚いたのです。

決して感じが悪くなったわけではありません。
ただ、いつものような居心地の良さが、
なんとなくのレベルで無かった。

「トールキャラメルフラペチーノのお客さま〜〜!」

いつもより大きくて元気な声、ですし
親切な対応、
そして、笑顔。
どれもこれも、素晴らしい物。

決して悪いわけじゃないんですが、
いつもと違うことが
こんなに居心地に影響するのか!

と、非常に驚いたのです。

そうかんがえると、
いつもの店員さんは、
ぼくに癒やし?を与えるように

居心地のよい空気も同時に提供

してくれているのだなぁと、
非常に勉強になりました。

空気感を提供するのも、お店のサービスの1つ。

改めて肌で感じることができた出来事でした。

もちろん、同じように、
小さなお店で商売をしている
僕たちも

「空気感を提供していること」

を忘れてはいけないですし、

思った以上に、
空気感というのは、

無意識で感じ取れるもの。

と言うのは、心に留めないと
いけないですね。

ブログや、フェイスブックなどの
文章からも

雰囲気、
空気感、
人柄、

というものが滲み出ることも
忘れないようにしたいですね。(汗)

本日はこのへんで!

最後までお読みいただきありがとうございました!

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。