BLOG

ブログ

ハッキング

ブログがハッキングされました。。。

おじいちゃんの又三郎に、ブログがハッキングされました。

どうやら、誕生日にメロンソーダを持って、墓参りにいかなかったことで
拗ねているみたいです。。。

102歳のくせに、おとなげないな!!

ま、まぁ、大人げないおとなになれって

成毛さんも行っているしね・・・

せっかくなんで、今日はおじいちゃんの話でも。。。

うちのじいちゃんは、新潟県の燕三条出身。
米農家の家に生まれ育ちました。

どういう経緯かはしらないけれど、
東京に出てきて、銭湯をやることに。

たぶん、ひいおばあちゃんが銭湯をやっていたので、
新潟から呼び出されたんだとは思うんだけど・・・。

それで、東京で銭湯をやっていたんですけど、
戦争があって、それでまぁ、行くわけですよ。
太平洋戦争に。

昔おじいちゃんに聞いたはなしだと、中国に居て、衛生兵みたいなことを
やっていたそうです。
それで、現地の中国の人と交流して、
怪我したり病気の人がいたら、見てあげて
代わりに野菜もらったりしたって言ってました。

それで、戦争が終わってかえってきたんだけど、
東京大空襲で、うちの周りは焼け野原。
どうせ、うちも無いだろうと、
家に帰らないで、そのまま軍の施設まで行っちゃったそうなんですが、

実は、運良く焼け残ってて、なんで又三郎は帰ってこないんだ?
戦死したのか?
みたいな話になってたそうです(笑)

おじいちゃんは、釣りが好きで、
ぼくが覚えている限りでは、
毎日のように釣りに出掛けてました。

もちろん休みの日はぼくも一緒に、
鯵やハゼ、アナゴなんかを釣りに行きました。

釣りに行くと、釣り船屋の船長さんや、
釣り仲間の人がたくさんいて、

「師匠!」

なんて言われてるのを見て、
おぉ、爺ちゃんなんだかスゲェんだなぁ。

なんて思っていました。。。

そんなスゲェ爺ちゃんなんですが、

田舎では、

「又(また)が東京でやってけんだったら、誰でもいけるだろう(笑)」

なんて言われてたそうで、

ついこの前きいて、びっくりしたんです。

あの爺ちゃんが、そんな扱いなのか・・・

というわけではなく、

実はぼくも

「たむらが、できるんだったら誰でもできるだろ(笑)」

って、言われるような存在だから。(だったから?)

もちろんぼくもそのつもりで、

「ぼくができるんだから、みんなできる。」

そう思って、いろいろな活動をしてきました。

「あいつがあんなイベントできるなら、
俺ならもっとすごいのをできる!」

そう思って、銭湯イベントを何度もやってきましたし、
(事実、誰でもできるような簡単なイベント)

「ただの銭湯の跡継ぎが出版できるなら、俺も・・・」

そう思って欲しくて書いた一面もあります。
(もちろん、ほんの一部ですが・・・)

まさか、爺ちゃんもそんなこと言われてたなんてなぁ・・・
と、感慨深いです。

爺ちゃんもそうだし、
ぼくもそうなんだけど、

結局は「やったもん得」

みたいなところはありますよね。

悩むくらいなら、やってしまったほうが良い。

そんなことっていっぱいあります。

本日はこのへんで!

最後までお読みいただきありがとうございました〜!

そんな又三郎からの特別な案内はこちら

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。