コミュニケーション

天国からの手紙

天国

三途の川ほとりより、、

わしじゃ、又三郎じゃ。

このブログを書いている祐一の祖父にあたる、又三郎じゃ。

今日は祐一の代わりに、わしがブログを書くんじゃ。

ちょっと、祐一の話をしようかのう。

あいつは、昔からちょっと残念な子じゃった、、、

忘れ物は多いし、

すぐに物は失くすし、

よく迷子にもなったなぁ。

じゃがの、それ以上に優しい子じゃったんだ。

わしが、夜中でも、明け方でも

「ちょっとシュワっとしたのが飲みたいのう」

っていうと、コーラやらメロンソーダやら買ってきてくれるんじゃよ。

気は利かないけど、

ものを頼めば、なんだかんだいって
やってくれる、優しい子じゃった。

わしが死んでからも、

わしの誕生日には、
嫁を連れてお墓までメロンソーダ持ってきてくれるんじゃよ。
毎年のう。

そう、誕生日は3/29じゃ。
生きてりゃ今年で・・・102歳じゃのう。

だけどな、今年は無いんじゃ・・・。

さみしいのう・・・。

だからな、ちょっと意地悪をしようとおもってるんじゃ。ほっほっほ。

あいつがやってる

「ブログセミナー」

なんじゃが。。。

いつもは21600円なんじゃが、

あいつがわしの墓にメロンソーダ持ってくるまで

ずっと10800円にしてやろうともってるんじゃ。

だからの、あいつが墓参りに来る前に、

みんな下から登録して、半額でセミナーをうけてしまいなさいな。

いまのうちにメールアドレスさえ登録しておけば

いつでも半額で受けれるようにしておいたから、

今のうちの登録して、祐一を困らせてやってくれんかのう(笑)

わしからのお願いじゃ。祐一を反省させてやっておくれ。

いつもの半額セールだなんて、大変じゃのう。

ご先祖さまは大切にしないとのう・・・。

ほっほっほ。

又三郎の生誕102歳のいたずらはここから登録じゃよ。


http://yuutamura.com/102birthday.html

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 人生を変えたブログの話
  2. 90歳のお客さま やってはいけない、雑談のはなし。
  3. メモ とあるセミナー会場を爆笑の渦に巻き込んだ話。
  4. 殆どの人が気がつかない細かなことに気を配れているか?
  5. 逮捕されいそうになった話。 逮捕されそうになった話。
  6. 進化系?らーめんに打ちひしがれた話
  7. めんどくさいからやる 5分で終わる事を先送りしている
  8. MAC MacbookAir11インチから乗り換えるなら、次何買う?

ピックアップ記事

  1. シャンパン
  2. ねこちゃん
  3. 書籍紹介
  4. メモ
  5. お客さま
  6. ブログ
  7. 名刺交換
  8. 天国
  9. かき氷

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP