コミュニケーション

余暇のつもりで観た映画から教わった3つのこと。

ポップコーン

余暇を楽しむ為に映画を観たんだけど…

いやー、思った以上にマイインターン勉強になったわぁ、

ただの余暇のリラックスの為に、
観るつもりだったんだけど、
思った以上に良かった。
観た?マイインターン観た?
観てないの?
早くTUTAYAへ!こんなブログ読んでる場合じゃないっ!

世界観とか、ロバート・デ・ニーロの名言とか、
アン・ハサウェイの可愛さとか。
アン・ハサウェイの可愛さとか。
(大事だから二度言った)

出だしから良かったんだけど、
ロバート・デ・ニーロががインターンに応募する時に言う言葉が
あるんですよ。
言ってイイ?言ってイイ?

「音楽家は自分の中に音楽がなくなった時に引退しますが
私の中からまだ音楽は消えていません。」

おぉ、めっちゃっっかっこええ、
すごいな、いい言葉だ、
差し詰め、ぼくが言い換えるならば、

「お風呂屋さんは、釜から火が消えたら、
引退しますが、私の釜からは、まだ火が消えてません」
(毎日消えてるんだけどさ!)

ま、まぁ、、冗談はここまでにして、

マイ・インターンの勉強になった点は3つあるんだけど、

ジェールズの仕事っぷり

1点目は
アン・ハサウェイ演じる、ジェールズは
ニューヨークのファッション通販会社の社長。
自宅のキッチンからスタートして、
(アメリカは自宅キッチンとか、ガレージスタート好きだよね)
短期間で会社を急成長させることに成功した人物。

ぼくが気に入ったのは、
会社を急成長させるくらいの社長の仕事術。(演技だけど)
意思決定の速さとか、スケジュール調整とか、
移動中の仕事とか、このレベルでやってるのか!(映画だけど)
っていうのが、映像を通して見れたのが非常に良かった。
すごくイメージしやすくて、
あぁ、なるほど、このレベルで決めていくのね。って。

もちろん、
今までも凄い経営者の仕事しているところは
なんども拝見していたことがあって

平成進化論の鮒谷さん



スターブランドの村尾さん

おいおい、マジかよ(汗)
考えられない・・・。
なんて思いながら、見させて頂いたのを
改めて思い出せました。

anworking

ロバート・デ・ニーロ演じるベンの存在感。

2点目。
やっぱり、年を重ねている人と若者ではどうしも縮められないような
ことがあるんだなって感じたんですよね。
経験とか。
なんていうか、もちろん若者のほうが優秀な部分ってあるんだけど、ITとか、情報収集とか、
でも、そこに時間をかけないでやってきたところが、年配者にはあるんだなぁ。
このクソ辛い社会を何十年と渡り歩いてきたわけなんだから
そりゃ、
いっぱいあるよね、いろんな経験、、
人生はいつだって順風満帆じゃないんだから、
ぼくら若い世代には
修羅場を何度も乗り越えているんだよね。
体概の人は忘れているんだろうけど。

そんな経験豊かな年配者が1人いるだけで会社の空気が変わるっていく
描写が、すごく良かった。
インターンのベンはコミュニケーターの鏡というか、
いるだけで周りの空気を暖かく和やかにしていく存在、
コミュニケーターっていうのは、そういう人を目指さないといかんよなぁ。
そうおもうんだよね。。。
ぼくも空気を変えれるようになりたいし、
その場を楽しませたいし、和ませたい
喜びにあふれた空間にしたい。

ブログ1つとってもそうで、
このブログ読んで、世の中の人が1人でもクスっとしてもらえたら、
ぼくにとっては最高の出来。(本当は多ければ多いほどいいんだけど!)
そう思ってます。
ben

さいごの1つ

アン・ハサウェイめっちゃかわいい。
anhasaway

さいごまで読んでくれてありがとうございます♪

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 行動力が皆無のぼくが行動した理由
  2. 久しぶりに番台に座ってみました。
  3. ダンデライオン ぼくから妻への手紙。
  4. ルマンドアイス ルマンドアイスを作って食べてみた。
  5. ダンス風呂屋に華やかな光
  6. アパレル あの有名アパレルブランドが毎日30%〜50%SALEのお店に。。…
  7. 君はどこへでもいける 君はどこへでもいける、僕はどこへも行かない。
  8. ドラクエ3 人生を好転させた攻略本

ピックアップ記事

  1. シャンパン
  2. ねこちゃん
  3. お客さま
  4. 墓参り
  5. 天国
  6. 名刺交換
  7. 日の出湯
  8. メモ
  9. ブログ

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP