コラム

集中力のない私。

集中!

僕には、集中力がない。
どれくらいないかっていうと。。。

ます、カフェで本が読めません。
周りが気になって仕方がないです。
電車の中もほぼ無理。
周りが気になるし、隣の人も気になる、、、。

あの人は、仕事中なんだろうか?
あのおばちゃんたちはなんの話しているんだろう・・・。
隣のおじさんは、不動産取引の話・・・?
え、なに?詐欺っぽくない?(全然そうじゃなくても)

とにかく、気になって仕方がない。
これ、結構気にしていたんですよね。

「なんで集中できないんだろうって」

自己嫌悪になるくらいに。

ただ、この前、

すげーいいことを書いてある本に出会いました、
なんて本なのか忘れたんだけど、、、

でも内容はなんとなく覚えていて

それは、

集中力がない人は、
実はただの好奇心が旺盛なだけ。
次から次へと、いろんなものが視界に入り、頭のなかに浮かんだりするので
すべてのものに好奇心が行ってしまっているだけなのだと。

なるほど!
そうか、俺は、集中力がないんじゃなくて、好奇心が旺盛なだけか!
ならいいか!

非常に勇気がもらえる。

確かにそう言われてみると、
集中力が無いというよりも
もっともっと、いろんなことを知りたい感じている
もっといろんな人とあって話したいと感じている
新しいものがでてくると、気になって仕方がない

そう言い換えることができれば、
より自分に自信が持てるよね。

洗濯もろくにできない、
集中力もない、

けれど、

好奇心が旺盛で、いろんな事を知りたい、
知りたがっている、
知っている、

って言いかえればいいよね。

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

集中力がないからこそ、
無理くり集中する方法を見つけられたんだよね・・・。
え?知りたい?
そこら辺の本にいっぱい書いてあるよ。
それを片っ端から読んで、実践していくだけ!

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 銭湯にある思わぬ出会い
  2. ダンス風呂屋に華やかな光
  3. めんどくさいからやる 5分で終わる事を先送りしている
  4. 看板を背負っていますか?
  5. 健康に気をつけてる?
  6. 楽しいショクバカ計画
  7. シャンパン 僕とお客さまの不倫疑惑、、、
  8. がっかり やっぱり変われない、ダメな自分。

ピックアップ記事

  1. 天国
  2. 日の出湯
  3. シャンパン
  4. お客さま
  5. かき氷
  6. 墓参り
  7. 書籍紹介
  8. ブログ
  9. メモ

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP