BLOG

ブログ

ねこちゃん

久しぶりにガックリ来た本を見つけました、、、。

といっても、決して悪い意味ではありません。

ぼくは今まで、数多くの健康系の本を読んできました。
(◯◯ダイエットとかの類じゃないですよ!?)

ですが、今日読んだ本は
今まで読んできた、健康系の本のなかで、ぼくが
生きていくうえで、仕事のパフォーマンス、コミュニケーションのパフォーマンスを
上げる為にどうしたらいいか?
考えて、日々の実践していたことの、大事なエッセンスばかり
つまった、超濃厚な本だったんですよ。。。

俺の今まで読んできた本はなんだったんだと。
これ1冊で、大事なこと概ね書いてるやん・・・

ま、まぁやってきたことが間違って無かったんだな!
って思うと、嬉しいような、なんとも言えないような・・・。

なぜ健康本ばかり読んできたのか?

なぜそんなところに興味が深いかと言うと、
やはり仕事もそうだし、ぼくの仕事でもあるコミニケーションというのは
体が資本だと常々思っているから。
調子悪いと、顔に出るし、
顔に出れば、良質なコミュニケーションが取れないから。
(疲れた顔した人が番台にいたら、いやでしょ?)

コミュニケーションがうまくいかないってことは、
仕事のパフォーマンスに大きく影響が出るんですよね。
疲れた顔の営業マンからは、たぶん物を買わないし、
販売員が、苛ついてるとわかったら、近くによりもしないように。

だからこそ、こういったところに特に勉強することにしています。
健康状態良くして気持ちよく対応する必要があるから。

とくに脳や、意識に関しては
心の健康が、身体の健康に繋がると思ってるのもあって、
色々と研究しちゃうんです。
(逆もまた然りだけど・・・)

頭でどういうことを考えているのか、
どういう思いがあるのか、
どういう感情があるのか、
そしてその感情はなぜわき起こってしまうのか、
なぜ嫌な顔してしまうのか、、

それは実は不健康だからじゃないの?
とか、
嫌なことがあったからじゃないの?
とか、
そういったところを常々研究しているのです。

だからこそ日々、健康本を読むし、
いろんな情報収集しています。

例えば、
イライラの原因って

・水分不足であった。(人間の身体はほんの数%の水分量の変化で影響が出ると言われている)
・内臓が疲弊している(ちょこまか食べ続けていない?)
・良質な睡眠が取れてなかった(ろうそくの灯程度で、人は睡眠不足になれる)
・姿勢が悪くて呼吸が浅くなってる(日本語は腹式呼吸をしなくても喋れるのもあって)

などなど、実は細かい要因が沢山積み重なって出来ていること、
思いもよらない原因があったことは、
数多くの本を読んで学んできた知識から得たのですが、
今日読んだ1冊にはそれらが、凝縮されていました。

これがなぜビジネスブックマラソンにならないのか不思議でしょうがないです。

糸井重里さんも大絶賛してたらしいですよ、
だから今、品薄でアマゾンでもなかなか買えないみたいです。

この書籍には、
マインドフルネス入門書って書いてあるけど、
それ以上に重要なことが沢山載ってました。
(僕にとってはね。)

基本的な健康状態を良くすることで、
良質なコミュニケーションが取れるようになり、
仕事のパフォーマンスが上がっていくとぼくは思っていて、

今後、人工知能が発達して、いまある仕事がなくなると言うけれど、
人と人との繋がり、コミュニケーションは変わらないものだと思うですよね。
人に対する感情とか、
考え方とかって。
その辺はきと変わっていかないものだと思うんだよね。

そんな今だからこそ、コミュニケーションってすごく大切だと思うし、
いま学ぶべきはコミュニケーションだと思ってずーっとずーっと、学び続けています。
(たぶんこれ、一生終わらないと思う)

楽しく生きる為の必須条件(!?)でもある、
身体に関する健康と心の健康
の両方がいっぺんに学べる

オススメの1冊です。
気になったら読んでみてください。

追伸
肝心の書籍の紹介忘れました(照)
↓こちらです。↓(在庫ありました!)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4833421607/

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。