コミュニケーション

赤ちゃんは大人の言葉を理解していと思います?

泣いてる子供
自宅のリビングにて、、、

いま、8ヶ月の娘と二人で留守番をしています。

絵本を読んであげるも、取り上げて、本を投げる。
再度読んであげても、取り上げて、本の角で目を目掛けて殴りかかる
痛がっていると、すかさず後ろ回し蹴りをしてくる、
怪獣を通り越して、最近は暴君気味の娘です・・・。

そんな娘ですが、
母親が、買い物に出かける素振りをみせると、
ぎゃーーーーーっと泣くんですよね。
(俺じゃダメか?)

子供を見ていて思うのは、
言葉はわかっていないけど、こちらの思っていること、
行動はしっかりと、伝わっているってこと。

さっき、妻が買い物に行くから、
出かけるねーって、アイコンタクトをしただけで、

すぐに気がついた?のか察知したのか
「うえええええええええええええ」
っと、鳴き出すんですよ。

お母さん出かけちゃいやああああって、
(まだ喋れないんだけど、そんな感じで)

なんでわかんのかなぁ

なんて思ってたんだけど
大人が第一印象で、
パット見ただけで
どんな人間なのか?
概ね察知できるように

こどもも、察知できるんでしょうね。
動きや表情とか等で判断しているんだと思います。

って本があるですけど、

この書籍、いつもセミナーで紹介してるんですよ。

最初の2秒で感じたなんとなくで人は判断されてるよん

って内容なんだけど、
(読んだことある?)

これは、対人のお仕事をする人なら、絶対に読んだほうがいい本ですよ。

弁護士も、医者も、コンサルも、コンビニ店員も、もちろん銭湯の番頭も。

どれだけ、第一印象が、コミュニケーションが大事か良くわかりますよ。

子供だってわかるんだから、大人だってもちろん判断してる。

うちのお店のお客さまが増えたのも、第一印象だったのかも。

なんて今となっては思います。

だってそんな特別なことしてないしね。。。

この本を読めば、ぼくがお店で第一印象をどうコントロールしていたのか
わかるかもしれません。
だから、あんまり読んでほしくないんですよね、気を抜いて接客できないから(笑)

ではまた、このブログで会いましょう!

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

いやー、子供の相手しながらブログなんて書けないですな!
1時間半以上遊んで、やっと寝てくれた(笑)

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 常連さんが増える会話のコツ 87歳のおばあちゃんがやってみた!?
  2. 財布 あなたの財布は見られています・・・!
  3. ダンデライオン ダンデライオンチョコレートへ行ってきました。
  4. 殆どの人が気がつかない細かなことに気を配れているか?
  5. 公園 意外なところが攣った話、
  6. カフェ いきなり振られた話にあなたならどう応える?
  7. 腕立て伏せ 体力なさすぎ!?腕立て伏せ20回で疲労困憊!?
  8. ポップコーン 余暇のつもりで観た映画から教わった3つのこと。

ピックアップ記事

  1. 書籍紹介
  2. 名刺交換
  3. お客さま
  4. かき氷
  5. 天国
  6. 日の出湯
  7. ねこちゃん
  8. シャンパン
  9. ブログ

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP