コラム

やっぱり変われない、ダメな自分。

がっかり

昨日からのつづき。

洗濯機を回した僕は、
少し休んで、本でも読もう。
そうおもったんだ。
洗濯が終わるまで約40分。
ただぼーとまつのもあほくさい。

本でも読んで、少しリラックスしよう。
そうおもって本を読み始めた。

本を読み始めたら、
あっというまに40分たった。

よし、じゃあ乾燥機にいれて寝るか・・・。

そう思って洗濯機の蓋を開けた。

選択して綺麗になったタオルを取り出すと、、、
そこで異変に気がついた。

・・・・。

なんか、汚れてる・・・。

洗う前より、何がゴミのようなものがついて

汚くなってる・・・。

なんだこれは・・・

ゴミを手にとって見る。

どうやら、紙?のようだ。

テイッシュという感じでもなく

少しグレーがかかって

厚みのある、ボール紙のような質感。

濡れてぐちゃぐちゃになっているので、
なんだかよくわからない。

もう一枚タオルを取り出す。

もっと、同じようなゴミが付いている。

はあ、、、なんだよこれ・・

洗濯機に紙でも入ってたのかよ・・・

また、イライラに火がつく。

なんて日だ!!

はぁ・・・。

ため息をつきながら、

もう一度洗うか悩む。

仕方がないもう一度洗おう。

その前に洗濯機掃除しないと・・・

タオルを洗濯機から出している時に

今までのイライラがウソのように一気に引いた。

波が引いていくような、血の気が引くような感じで

スーッと引いていった。

このボール紙・・・。

洗剤の箱だ。

IMG_5494

無い、無いって探して、

怒って、

イライラしてたけど・・・

これ一緒に洗ってたんだ・・・。

割りと開けたばかりでパンパンにつまった洗剤を

箱ごと洗濯機に入れてたんだ・・・。

じぶんで・・・。

と、このように

他人のせいにいして、

イライラして

それが、全部自分の仕業だった

ってことありませんか?

ぼくは、しょっちゅうです。

もう、あまりにも、多すぎるので

何があっても気にしないことにしました。

マイブームは、「概ね、誤差の範囲。」

洗濯物と一緒に、洗剤洗っても、

誤差の範囲。

靴下を片方に2足履いて、無い無いって探しまわっても

誤差の範囲。

洗った洗濯物の中から、

ペンケースが出てきても誤差の範囲。

うん。また洗っちゃった。

人間そう簡単に変われないんだね!!

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

もはや、信じられないミスは、ブログのネタができたと喜ぶことにしました。
(俺ってポジティブゥ!)

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 行動力が皆無のぼくが行動した理由
  2. クレームだ! クレームにどう答える?
  3. コインランドリー 変質者に遭遇しました、、、。
  4. 器ちいさすぎ? こんな事でムカつくなんて器小さすぎ?
  5. 木陰で雑談 雑談力の上げ方。
  6. ハッキング ブログがハッキングされました、、、
  7. IKEUTIORGANIC 良い物を長く使いたい。そんな人向けのタオルに出会いました。
  8. ポップコーン 余暇のつもりで観た映画から教わった3つのこと。

ピックアップ記事

  1. かき氷
  2. ねこちゃん
  3. 名刺交換
  4. メモ
  5. 日の出湯
  6. 墓参り
  7. お客さま
  8. シャンパン
  9. 書籍紹介

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP