コラム

僕とお客さまの不倫疑惑、、、

シャンパン

そういえば、先日のこと。

銭湯組合の台東区の支部長さんから電話がきてね
こう仰るんですよ。

「日の出湯のたむらさん宛ににクレームの電話がはいったんですよ。
今日はちょっとその確認で電話をしました」
と。

あらま、なんか粗相したかな?
それとも、うちのスタッフかな?
とはいえ、どっちにしろ俺の責任だよなぁ、、、

なんて、ブツブツ考えながら聞いていると、

どうも、そのクレームは、うちが個人情報を漏らしているというんです。

なるほど、、個人情報ですか、、、。
でもそんなようなこと、なんかしたっけなぁ・・。

ちょっと思い返しても、思い当たる節はない。

色々と支部長さんに話を聞いてみると、
どうやら、ぼくがそのお客様の生活情報を、他のお客さまに言いふらしている
そうなんです。益々、思い当たるフシがない。。。
その方曰く、
「私が生活保護受けてるってみんなに言ってるのよ!」
とか、
「主人が死んだから、仏壇屋さんに、あいつに売りに行けとか言うのよ!」
だそう。。

なるほど、なんとなくじゃなくて、誰だかわかった。
あの人だ。と。
というのも、ずっとそんな事を言ってくる方が一人だけいたので、、。

そして、他のお客と結託して私にいじわるをするの!!
ただ、お風呂に入りたいだけなのに!!
ひどいと思わない!!!

と、いう電話があったんですよ、、、と。
支部長さんからの電話だった。

最初は支部長さんも、お叱りの電話だと思って
真摯に聞いていたそうだけど、(すごくお優しい方です)
だんだん、組む雪が怪しくなってきて、
挙句の果てに、ぼくの不倫疑惑。

これはちょっと変だななんて思い
ぼくに確認の電話を入れてくれました。
(後々、組合本部にも同じような電話が入ったことが発覚)

ぼくもその電話をもらって、
誰が言っているか、想像がつきました。。。

クレームの類は、お客さまの声ですから
仕方がないのですが、
不倫疑惑はひどい(笑)
もはや。クレームではなくなっている。。
まぁ、100歩譲ってぼくはいいとして、不倫相手のお客様に大変失礼だ。
いや、僕も良くないか、
妻や家族に知れたら大変なことに・・・(なるわけがないけど。)

まぁ、こんな感じの電話が支部長さんのところにあって、
俺不倫してるんだって〜。
なんて、妻に話したら、妻は大爆笑。(ホッ)

今回は、大爆笑で済んだし、
周りの支部長さん、組合本部の方も
ちょっと変だな・・・
って気がついてくれたのでよかったのですが、
これが、まったく気が付かないで、
その人の言うことを信じ、
地元周辺にそんな噂が流れでもしたら、、、。
と、考えると
今回の話は、ちょっと怖いですよね。。。

町の住人の信頼を得てから、
計算したようにこういう情報を流し
相手をハメる、なんてことが実際に可能なんだな、
なんてことを思い知りました。
もしかしたら、知らないうちに
誰かの情報に乗せられているかもしれませんね。
おそろしや〜

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

ちなみの不倫相手の女性ですが、
ぼくの母親より年上です。。。
うーん、熟女不倫かぁ。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. タオル 一生懸命に仕事してますか?
  2. 日の出湯 ひどいセンスの菖蒲湯、、、
  3. シゴトーク行ってきました!
  4. カフェ いきなり振られた話にあなたならどう応える?
  5. いつも行くスターバックスで驚いた話。
  6. 綺麗な女性に声をかけて、お願いをしました。
  7. 腕立て伏せ 体力なさすぎ!?腕立て伏せ20回で疲労困憊!?
  8. 器ちいさすぎ? こんな事でムカつくなんて器小さすぎ?

ピックアップ記事

  1. 天国
  2. ねこちゃん
  3. 書籍紹介
  4. 名刺交換
  5. メモ
  6. 墓参り
  7. かき氷
  8. ブログ
  9. シャンパン
  10. お客さま

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP