コラム

X1Carbonを見てきた話。

IBM

先日、MACをやめるなら、次どうする?
なんて記事をかきました。

実は今日、レノボの製品発表会の招待状を頂いたので
ちょっとのぞいてきたんです。
もちろん、目当てはX1Carbon
14インチで1,2kgの軽さ。
トラックパッド?と赤いポッチの
動きを確認しながら、いろいろと他の機種も
含めて触ってきました。

実際触ってみた感想は・・・

正直な感想を書きます。
ぼくは買い換えるならレノボのX1Carbonが硬いと思っていました。
もちろんいまでも、Windowsを買うならこれ!
と、思っています。
そう、Windowsなら。

正直な感想は、X1Carbonに

Macから乗り換えるほどのインパクトはなかったんですよね。。。

いや、本当に素晴らしいスペックのPCだとおもうですが、
コストパフォーマンスと、PCを乗り換える労力には至らなかった。
という方が、表現としては正しいかな?

とはいえ、

決して、Macを超えないというわけでもありませんでした。
X1Carbonに関しては、んー。という感じでしたが、
X1Yogaという、ノートPCとタブレットが一緒になった端末は、
IMG_5456
便利そうで、なかなかよかったです。
まだ、未発売なんですが、
夏頃に勇気ELディスプレイの製品が出るらしく、
これは、画面が綺麗で見やすく、
なおかつ、ブルーライトカット!?
という、なんとも楽しみな端末です。
IMG_5458

今のところ、買い替えには至らないけど、
夏までPCがもったら、
ちょっとX1yogaは楽しみです。

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

なんかブロガーみたいだなぁ・・・。
明日からはもっともっと適当に更新しよっと。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. びっくり! 街には衝撃的な事件が溢れている。
  2. 君はどこへでもいける 君はどこへでもいける、僕はどこへも行かない。
  3. 頭痛と酷い肩こりの原因は○○が原因だった。
  4. 家政婦のミタ カリスマ店員に会いにいった話、
  5. 2016年に見た映画BEST3
  6. 怒り! 携帯電話のマナー
  7. 器ちいさすぎ? こんな事でムカつくなんて器小さすぎ?
  8. 健康に気をつけてる?

ピックアップ記事

  1. 天国
  2. かき氷
  3. 名刺交換
  4. お客さま
  5. ねこちゃん
  6. 書籍紹介
  7. ブログ
  8. シャンパン
  9. メモ
  10. 日の出湯

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP