コラム

MacbookAir11インチから乗り換えるなら、次何買う?

MAC

もしも、今使っているMacbookAirをやめたら
次に何を買うか、、、?

最近はそんな事をよく考えることがある。
ぼくにMacbookAirも、そろそろ5年。
まだ使えるけれど、そろそろ部品の摩耗など考えてくると、
いつ壊れてもおかしくない、時期に入ったとも言える。

だからこそ、次は何を買うか?いろいろと検討した。
MAcbookairを辞めるということは
OSを乗り換えるということだ。
 
つまり、、、ウィンドウズか、
クロームか、、
Linuxやら、
Ubuntuやらにするということ。

そして、マックをやめるなら、
オーソドックスなのは
ウィンドウズにするということ。

もしこのままMacを使い続けるなら
買うのは
マックブックプロの13インチ
だいた、15〜18万くらい。

そして、これと同じようなスペックで
Windowsで探すと。

あれ・・・、意外と安くない・・・?
Windowsにするならもっと安くなって
スペックも良くなるなんて勝手に思ってたけど、、、

そうなんです、
実はMACBOOKAIRとかMacbookproって
何気にコストパフォーマンスが良いんですよね。
見た目も素敵だし。

でも、そんななかで
1つだけ、
これなら変えてもいいかな・・・

なんてものがありました。

それはLenovoのX1Carbon

なにがいいって、
まず14インチなのに1.2kg以下。
軽くて、でかいこと。

そして、メモリ8G、
SSDが256GB。
という最低条件をクリアーしている。
(僕の中のね!)

ついでにキーボードが水や誇りにつよい(らしい)

あとはパッドと赤いポッチの連携というか

使い勝手がどれだけ良いか?
にかかってると思うんです。

価格は確か今なら30%オフで16万しないくらい。
ちょっとお高いけど、このスペックならあり。
全然あり。
MacBook Proは税込み18万くらいになるしね・・・。

そう考えると、もしいまWindowsを使っている、
もしくは、Macから乗り換えたい。

そう思っているなら、このPCはお勧め。

お前が買えよって?

僕は触るまで買いません!今度触ってきます!
(触ったら報告するね!)

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

選んでる時が一番楽しい。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 上野で困っていたタイの人 英会話を習う事は、時間をお金で買うということ。
  2. 名刺交換 日本一◯◯交換の多い銭湯?
  3. ポップコーン 余暇のつもりで観た映画から教わった3つのこと。
  4. JFK JFKの決断
  5. 旅っていいもんですね。
  6. セミナールーム セミナーでいただく、一番の報酬
  7. 看板を背負っていますか?
  8. 怒りの拳 ホントは辞めたい、ダメな自分。

ピックアップ記事

  1. メモ
  2. 墓参り
  3. ねこちゃん
  4. 日の出湯
  5. かき氷
  6. 名刺交換
  7. お客さま
  8. ブログ
  9. 書籍紹介

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP