コラム

5分で終わる事を先送りしている

めんどくさいからやる

自宅寝室にて。

「今日も一日、楽しかったな。」

なんて、一日を振り返りながら、寝室に入った。
先日も書いたけど、
昨日は、娘の初節句。

朝から近所のスーパーに頼んでおいたお刺身の盛り合わせや、
ほかの必要なもの買いに行ったり、
パーティーの準備してから
お昼ころに、ぼくの両親と妻の両親を迎えた。
人見知りの激しいお年ごろの娘だけど、
今日は自分のお祝いだからなのか?
割りとご機嫌でパーティーを楽しんでくれた。(ほっ・・・。)

娘のパーティーとはいえ、
殆どは大人の宴会(笑)
酔っ払った両親の隙を突いて、
お風呂にいれたり、、、

その後、例の話し合いに。。。

一日大変だったけど、すごく楽しかったので
疲れ方も気持ちの良い感じで。
とはいえ、もう瞼がめっちゃ重い。

今日は1日動きまわったし
「今日ははやくねよっかなー」

「ブログは書くだけ書いたし、、、
Facebookとかツイッターで投稿設定してない。けど、、
まぁいっか!」

「今日は疲れたし、めんどくさいから起きたらやろう。」

なんて思い、
よし、寝るかー。
と、寝室に入って、ふとドアを見た時に、、、。

ちょっと昔に、自分で決めた、今年のマイルールが壁に貼ってあった。

IMG_5446

「めんどくさい、だからやる」

くっ。。。。。
しまった。。。。。
これは自分で決めたマイルール、、、
めんどくさいと思ったらやるという
恐ろしいルール。
つい、SNSにメッセージを流すのをめんどくさいと思ってしまった、、、

くそう、、、
うううう、、、、寝たい、、、、
ううううううう、、、、。
ぎぎぎぎ、、、、、

そしてぼくは、リビングに戻りPCを開いた。
SNSにブログのリンクを張り、投稿設定をした。
5分で終わった。
たった、5分で終わる。
ただ、それだけのこと、
それだけのことを僕は先延ばしにしようとした。

先送り癖は恐ろしい

こんな感じで、たった5分で済むことを
先延ばしにし、ためてしまい
やがて手がつけられなくなるくらい、
溜まっていくことってありませんか?

人の行動を促すのって、
実はちょっとしたルールだったりするのかもしれません。
ぼくも、
「めんどくさいからやる」
というルールのおかげで、
溜め込まないで、1つの作業をこなすことができました。

自分を律するルールってありますか?
先送りをしないルール、
やると決めたらきっちりとやるルール、
あったらぜひ教えて下さい!

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

めんどくさすぎて、やがて
めんどくさい。って思わないようになったら。。。
と、思うと恐ろしいです(笑)

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. ぼくのゆめ2017
  2. 人生を変えたブログの話
  3. 歩いた子供 何でもないような事に感動するようになってしまった。
  4. ブルーボトルコーヒー Macユーザーを本気でやめようかと思った話。
  5. 傘 雑談力をあげるなら、○○をチェック!
  6. TOKYOガルリに出演しました!
  7. お元気ですか?
  8. 渋谷 地上にでたモグラ。

ピックアップ記事

  1. 天国
  2. ブログ
  3. お客さま
  4. 墓参り
  5. 書籍紹介
  6. ねこちゃん
  7. 名刺交換
  8. かき氷
  9. 日の出湯

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP