コラム

とあるセミナー会場を爆笑の渦に巻き込んだ話。

メモ

昨日は、ブログを書くことで、

「自分の頭が整理される」

何てことを書きましたが、
実際に、自分の中で起きた体験で
こんなことがありました。

今年の1月の雪の降った日のこと。
この日は朝からセミナーがあり、
渋谷に向かって銀座線に乗っていた。
地下鉄だから大丈夫だろう、、、。
なんて思っていたけど、
雪が降っているので、早めに出発した。
だがしかし、
雪とは全然関係ない事故?で
電車は、動いたり止まったりを繰り返す。
結局、会場に到着したのはギリギリ。

セミナーや勉強会などは前の席で受けることを
マイルールとしている。

と、言うのも、せっかくお金を払って受けるのだから、
なるべく良く聞こえる位置で、
なるべく良く見える位置で、受講したいから。
(貧乏性なだけ?笑)(他の理由もあるのですが、、、)

会場に入ると、雪のせいか、参加者もまばらであるものの、
前方の席は、ほとんど埋まっていた。
僕は前列から2番めの席に座り、
講師の顔、板書がよく見える位置に座った。

この日のセミナーは文章の書き方講座。
その講座のワークの中に、
隣の席の人に、

「自分自身の価値観を隣の方に共有をする」

というものがあった。

この時に隣の席の方にした話が、とても面白かったらしく、
講師の方が、

「隣の人の話が面白かった、ぜひ話して欲しいという方はいませんか?」

と、言った時に、
僕の隣の方が、
隣の人は面白かったですぜひこの人の話を!
と、僕のことを推薦してくれた。
その時の参加者は、6,70人くらい。
そんな人数の前で、アドリブ、ぶっつけ本番でしゃべるほど
ぼくは、話が得意なわけでもないです、、、。

正直な話、内心、「なにーーーー!!汗」

と、思ったんですが、
ノリで、OKをしてしまい(汗)
ついペラペラと喋ってしまったんです。(汗)(汗)

ぼくの価値観の話は、
もちろん銭湯のこと。
なぜ銭湯をついだのか?とか、
いま現在の銭湯がどんな状況なのか?とか、
なんでお風呂屋さんが文章のセミナーなんているねん!とか(笑)
そんな僕がいつもFacebookやSAVETHE銭湯!などで
書いていたような話。

そんな話(!?)でも、
何故か会場を大爆笑の渦に巻き込み!?

その日のセミナーが終わった後に
名刺交換の列ができたくらいだ。汗

こんな周りの人を大爆笑の渦に巻き込むな話、(そんなに?)
が周りに伝わるように話せたのも、
きっといつも文章でブログで書いていたり
Facebookで書いていたり、
日々書く事をして、
話をわかりやすく(無意識のうちに)頭の中で整理し、
話す事ができるようになっていたお陰だと思う。
これがいきなりのぶつけ本番だったら、きっとここまでウケなかったはずだ。

日々アウトプットする事に思わぬ効用があった

このように、
日々、書く等によって頭の中をアウトプットし、
整理することは、
いざと言う時に、
意外なところで、役に立つことがある。

だからこそ、これからも僕は日々ブログを書き続ける。
またいつか、大勢の前で話すときに

ドッカンドッカンうけるために!!

爆笑王に、おれはなる!!(なりません)

本日はこのへんで!
最後までお読みいただきありがとうございました!

編集後記

ドッカンドッカン受けたのは、妄想かもしれません。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 美容院 美容院で話しかけられたら、どう応える?
  2. 2017年を幸運にする秘訣。
  3. クレームだ! クレームにどう答える?
  4. MAC MacbookAir11インチから乗り換えるなら、次何買う?
  5. 器ちいさすぎ? こんな事でムカつくなんて器小さすぎ?
  6. 怒りの拳 ホントは辞めたい、ダメな自分。
  7. かき氷 ◯◯マニアの番頭と呼ばれる理由
  8. 楽しいショクバカ計画

ピックアップ記事

  1. 名刺交換
  2. 天国
  3. ねこちゃん
  4. ブログ
  5. かき氷
  6. 墓参り
  7. シャンパン
  8. 書籍紹介
  9. 日の出湯

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP