BLOG

ブログ

アン・ハサウェイ

先日の夜のこと、、、

東京は嵐がが来るとか?(ジャニーズじゃないよ)
なんて予報ががあったせいか、
大した雨も降っていないのに、
お客さまが全然いらっしゃらない。
ビビるくらい、いらっしゃらない。
なんだこりゃ!ってくらい、いらっしゃらない。
だめだこりゃ、、、ってくらい、いらっしゃらない。

ここまでお客さまが来なかった日は、
ぼくが浅草のお店に来てから、
過去4年間で初めてかもしれない、、、ってくらい少なかったのです。
だから、というわけでもないんですが、
晴耕雨読、果報は寝て待て
ってことで、たまにはのんびりと、映画でもみるか、
と、先日借りてきたインターステラーを見たんです。
あの映画めっちゃヤバイ。
みた?インターステラーみた?
まだ見てない??
じゃあ見たほうがいいよ、
特に娘がいるお父さん、
もしくは、
SF大好き!っていうなら絶対だよ。
見ないと損だよ。
すげーよ、娘がいるお父さんはみたほうがいいね。
めっちゃ泣けますから。。。
お客さまが全然いらっしゃらないのをいいことに
めっちゃお店の番台で泣いてたからね。
見てる最中に来たお客さま、
ものっそい、不審がってたくらい泣いた。
「あいつなに涙ぐんでんだ?」って。。。
気持ち悪いな、、、って、、、

SF映画なんでサイエンスの知識があれば、もっともっと楽しめるらしい。
でも科学とか、算数とかその時点で見失っている僕が観ても十分に楽しめた。
3時間と長い映画だけど、
全く飽きさせないで、観れたからね。
内容は端折るけど、
(だって見てほしいから!)

知識と教養って必要。

インターステラーを観て、
世の中の色んな事象を楽しむには、知識と教養が必要だなって
思ったんだよね。
ブラックホールがーとか、
重力がーとか、
相対性理論がーとか、
全然わからないから、
ぼくにとっては、インタステラーは
父と娘の愛の物語。
だけど、、、
サイエンスの知識と教養がある人がみたら
同じシーンを観ても

なるほどー!
とか、
そうくるんか!

って、もっと多種多様の密度の濃い楽しみ方ができたんだろうなと、、
もちろん、感想、感じ方は多種多様でいいと思うんだけど
持っている前提知識で、
話の伝わり方が変わるのは、観る人を選んでいるとも言えるのかもね。
ただ、そこを
そんな知識無しで3時間もひきつけっぱなしにする
インターステラーは改めてすごいなと感じるのでした。
まだの方はぜひTSUTAYAへ。
もしくは、iTunesストアで販売もしてるので、
行くのが面倒、時間かかる、今すぐ見たい!
というのであれば、そちらで。
十二分に買う価値はあります。
↓↓↓
インターステラー(字幕版) – クリストファー・ノーラン

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

何が一番衝撃かって、アン・ハサウェイ可愛すぎ。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。