BLOG

ブログ

寿司

先日のこと、
日頃、色々と仕事の手伝いなどをしてもらっている方に
お礼の意味も込めて、お寿司を食べにに誘った。
有名店なのか、そうじゃないのかはわからないけど、
ランチの割に、そこそこの値段をした。(僕にとってはね!)

レストラン等の予約がとれる某サイトで予約をとり、お店へ。

そういうサイトで営業をしているということは、
一見さんお断りの店ではないだろう、
新規顧客を受け入れていないわけじゃない、
むしろ歓迎しているはずだ。と、思っていた。

だかしかし、
お店についてみると、なんだか歓迎ムードではない。
若干、何しに来たのきみら?感があった、、、
(もちろんそんなことは言われなかったけど。笑)

食事はたしかに美味しかった。
すごくおいしかった。
だけど。
かなり歓迎されている感じがなかった。

常連さんとは、楽しそうに会話をしているのだけど、
こちらに来ると、真顔になって

「はい、北海道のほたてです。」
「こちら、ミナミマグロです」

と、寿司ネタの説明をして終わり。

美味しいんだけど、美味しんだけどさ、

めっちゃ、プレッシャーですよ!
何この、黙って食ってさっさと帰れよ感は!
若干ペースも早い気がするし!

もしかして、寿司屋の特性なのか?
前もそんなことがあったきがする。
ごちそうさまを言っても、返事もしない大将。
常連にならないと、挨拶もしてくれないのかな?
それとも失礼なことしたのかな?
まぁ、受け入れてくれなかっただけなんかな?
聞こえないだけなんかな?

なんて、いろいろ考えてしまいますよ。
美味しいご飯食べにい行ったのに、これじゃ・・・。
これならチェーン店行こうかな。なんて思ってしまう。

とは言え、
そういう業界常識?で、やっているからこそ
逆に、良いところは目立つ。

一方そのころ妻は。。。

実は同時刻、妻は、すしざんまいに言っていた。
(別に比べるわけで行ったわけじゃなく、たまたま)
そして今日の話をしたら、
いかにすしざんまいの店員さんの気配りができているか?
という話を、聞かされた。

子連れのお客さまが納豆巻きを注文していて

「お子さま用でしたら、小さくカットしますか?」
「薬味系は入れないようにしますか?」

など、小さい事だけど、きめ細やかなことを聞いていたそうです。

すしざんまいが大きく店舗数を伸ばしているのは
そういう業界に、異端な存在として、
素晴らしいサービスを提供してきた
という理由もあるからなんだろうなと
感じました。

笑顔一つあるだけで違うのに。
そう思うことって多い。

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

もちろん、ぼくらのことが気に入らなかった、
ターゲット顧客じゃなかった。
なんてこともありますから、なんとも言えませんね。
でも、できれば食事は楽しく食べたい。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。