BLOG

ブログ

ミント

日の出湯の番台にて。

今日は、夜から少し天気が崩れ、
風も強くなってきたせいか、いまお客さまが途切れています。
静かなお店で、
「なんで毎日ブログ書いているのかなぁ。」
なんてことを考えていました。

というのも、
今日は、ブログセミナーにご参加頂いたSさんの、
ブログ相談を受けていたから。
Sさんは、これから素敵な事業を展開していくうえで、
ブログをどう活用していくか?
なんてお話をしていました。
どう書いていかれるのか、非常に楽しみです。
いつかここでご紹介できたらなんて思っています。
Sさん、本日はありがとうございましたー!
ブログ楽しみにしております!!
週末中に、設置までやるとおっしゃっていたのを
ぼくは忘れていませんよー!(笑)

ブログをやるメリット6つ

なぜ、今更(!?)ブログなのか、
何てことはよく言われるのですが、
まず、ブログは

  1. コストが安い
  2. 更新が楽
  3. 名前が知られるようになる
  4. 良い人と出会いやすくなる
  5. コミュニケーションが取りやすくなる
  6. 専門家として認知してもらえる

なんてメリットがあるんですよね。
(本当はもっとあるけど)

コストが安い

コストが安いというのは、月のサーバー代なんて
ロリポップなら500円くらい?だし、
他のとこでも月1000円もだせば、そこそこのサーバー借りれますもんね。
ドメインだって、.com.netなら年間1000円とか。
始めるには、非常に安くて、リスクも取らなくて良いのがいいですね。

更新が楽

WordPressなら、ブラウザでログインして、
文章書いて、ポチっと押せば完了です。
アメブロとか無料のブログとかでもそうですよね。
写真も、なんかボタン押せば簡単に入るし。
非常に、更新が楽。
(こだわらなければ)

名前が知られるようになる

これは、まぁ、どっちでもいい人もいるかもしれませんが、
ビジネスをしているのであれば、
知られないよりも、知られたほうがいいですよね?
ブログとかやっていなければ、
それだけ知られる可能性も下がります。
逆にやっていれば、知られる可能性は上がってきます。
よね?

良い人と出会いやすくなる

これは、ブログに自分の価値観を書くことによって、
その価値観に”共感”してくれる人が集まってくる。
ということ。
何も発信をしなければ、その情報をキャッチしてくれるのは
エスパーしかいないと思います。

コミュニケーションが取りやすくなる

最近では、人と会う前に
その人のことをグーグルで検索したり、
Facebookでチェックしたりする方って非常に多いですよね。
ブログで情報発信しておけば、書いてあることが話しのネタになったりして、
会話が盛り上がることが多いです。
「この前、ブログで紹介してた本、僕も読みましたよー!」
なんて会話になったり。
こういう会話が元で、仲良くなれたりすることってありますよね?
非常に小さいことなんですが、メリットは大きいです。

専門家として認知されやすくなる

これは書き方にもよるのですが、

「自分自身の専門家化」

というのは、非常にやりやすく(魅せやすく)なりましたし、
ぼくはここに多大な恩恵を受けました。
SAVE THE 銭湯!というブログをきっかけに、
メディア出演や、出版までできたわけですから。
もちろん、Macのアダプターが焦げたとか、そんなアホなことばかり
書いていても、専門家化はできないので、良い子のみんなは真似しないでください。

ブログってコミュニケーションツール

まぁまぁ、メリットは他にもたくさんあるんですけど、
僕は、このブログはコミュニケーションツールとして活用しています。
あった人に、話題の提供?(できてるのか!?)いじる要素を撒いたりして
お会いした時に、コミュニケーションがより円滑に取れるように。
なんて思いで書いている事が多いです。
あとはコミュニケーションで役立つこと、
なんかをちょいちょい織り交ぜているつもりですが、
この分野で専門家化できるのは
まだちょっと先の話かな、、、。

というわけで、やるかやらないか迷っているなら、
やらない理由はありませんので、ぜひ初めて見てください!
やり方によっては、ブログで人生変わっちゃうくらいの
ポテンシャルは秘めてますよ!

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

本当は良くないんだけど、
静かなお店がとても好き。
のんびりブログもかけるし、本も読める。
良いお客さまと、のんびりしたお風呂
そんなお店をいつまでも続けられたらいいなぁ。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。