コラム

ブログセミナーアフターフォロー

柑橘

本日は先日のブログセミナーのアフターフォローをかねて。

先日の土日に、ブログセミナーを開催しました。
おかげさまで両日満席。
(満席でご案内出来なかった方申し訳ございません!)
(また、やりますのでその時はご案内しますね)

両日うれしいお声もたくさんいただき
本当にありがたいなぁと、思っております。

今日はそんなセミナーに参加してくださった皆さまに、
復習、アフターフォローの意味も込めて、
ちょっとだけ、当日の振り返りをお伝えします。

ブログ用の写真について

セミナーの中で、ブログの中に載せる写真の重要性について
お伝えしました。

「1000語を語る1枚の絵」

なんて言葉があるように、
ブログに写真1枚を載せるだけで、
伝わるメッセージって大きく変わってきますよね?
そんな話でした。

難しいことは、ぼくはプロではないので
教えることはできないのですが、
(露出がとか、構図がとか、、、)
写真を撮る時の、マインドとして、

撮るときに少しだけ意識をしてみましょう

そんなことをお伝えしましたよね?

例えば、
背景はどうする?、手に持ってみる?おいてみる?
IMG_5230
IMG_5231IMG_5232
とか、
剥いてみる?
IMG_5223
IMG_5225
IMG_5226

とか、すごく簡単なことではあるものの、
(まぁもうちょっと伝えたかもしれないけど、、、)
ですので、

なにか撮る時にでも1面からではなく、
色んな角度から挑戦してみるようにしてください。
きっと見栄えが変わりますし、これだけの工夫なら、
iPhoneなどスマホのカメラでも十分試せますので。
そのとき解像度(写真サイズ)はなるべく大きめにしておいてくださいね!
ブログ用ならあとでいくらでも小さくできますから!
本日はこのへんでー!

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

P.S.
お前の写真酷いな!という苦情は辞めてください。
悲しくて泣きますから、、、。

編集後記

今日は突然、柑橘類が食べたくなって、寒い中自転車でスーパーへ行き、
柑橘類を何種類も買って帰ってきました。
きっとレジのおねーさんは、おかしな奴が来たと思っていたに違いないです・・・。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 富士山 ダイヤモンドとガラスの違い。
  2. 食事 奥さまに見せちゃだめよ?
  3. こびとさん 久しぶりやな、コビトさんやで。
  4. ローストビーフ 肉神さまに出会った。
  5. えがお 良い顔の人と悪い顔の人の違い
  6. 2017年を幸運にする秘訣。
  7. 傘 雑談力をあげるなら、○○をチェック!
  8. 風邪 風邪を引いて気がついた、風邪を引くメリット。

ピックアップ記事

  1. 墓参り
  2. 日の出湯
  3. お客さま
  4. 名刺交換
  5. シャンパン
  6. 天国
  7. かき氷
  8. ブログ
  9. ねこちゃん

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP