BLOG

ブログ

ドラッカー

強みの上に築け!
ピーター・F・ドラッカー

先日の事僕は1冊の本を目の前に置いていた
ピータードラッカーの本だ。
そこにはこう記してあった。
強みの上に築け!

はて?強みってなんだ?
ちょっと調べてみた。
強みとは、
生まれ持った才能+教育+経験から来る組み合わせたもの。
息をするように自然にできる行為であり、
みんなができなくても自分だけ
簡単にできてしまうそんな行為のことである。

なるほど、息をするように簡単にできることで
他の人ができないようなことか、、、

とは言え自分じゃなかなか自分の強みと言うものには気づけない

だから先日夕飯の後、
ハーゲンダッツのマカデミアナッツアイスクリームを食べながら
妻に聞いてみました。

「ねぇ?俺の強みってなんだと思う?」

すると妻は、

「強みが知りたい?だったらそのハーゲンダッツを差し出すのです。。。さすればそなたの強みを教えてしんぜよう。。。」

ぼく「・・・・。一口でいいですか?」

つま「・・・。」

ぼく「では、1/8でどうですか?」

つま「・・・。」

ぼく「では、1/4では・・・?」

つま「お答えしましょう。」

(意外と安いな・・・)

つま「あなたの強みは…ずばり、適当な所です。」

え?適当なところって…
それって適当な答えすぎやしませんかね?

つま「本当にそう思うよ、お客さまに嫌味を言われたり、
改善不可能なクレームを対応するときの返答の仕方が神がかってるよね。
よくそんな適当な返しが次から次へと出てくるなって・・・」

「へーそうなんだ、自分でなかなか分からないもんだけど
そういえばそういうこと昔われた事あるわ…。」

このように強みとは、
自分ではなかなか気づかないものだったりするのですが、
人から見るとわかったりするようなこともあるようです。

僕の場合は強みが適当さですが、
実際に接客の現場で適当にやっていいかと言われるとそんなわけないですよね。笑

マニュアルのように、
きちんとした接客対応があって、
その上に例えば僕の場合で言うと「適当さ」や
思いやり、おもてなし、お客さまの立場に立ってに立って
対応できることなどがあることによって、
その店のサービスやブランドにもなっていくと思うし、
そのスタッフの接客力、コミニケーション能力の高さといったものが
お店の価値の1つとして評価されるのではないでしょうか?

自分らしさを出す、
自分の強みを出す、
と言うのはマニュアルのように
基礎的な対応ができてこそ初めて生きてくるような気もします。

もちろんマニュアル一辺倒の接客はどうかと思いますが、、、。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。