BLOG

ブログ

スタバカップ

不忍池の辺りの美容院でのこと。

エレベーターの事件がショッキング過ぎて
すっかり忘れていたんだけど、、、

担当してくれた美容師さんが、とてもトーク上手で
いろいろと喋ってしまった。
普段は、邪魔しないようにと
あまりしゃべらないようにしているんだけど、
その美容師さんは、突っ込みすぎず、遠すぎず
絶妙なバランス、距離感の話しかけ方をしてくれました。
やっぱりプロの美容師は、カットのテクも大事だけど、
トークも大切だなぁ、このトークでこの美容師さん指名する人もいるだろうなぁ
なんて感じたのでした。

案の定、ちょっと突っ込んで質問したら
電話番号聞かれて、直接予約を入れてくる人も多いそう。

その帰りに、上野のスタバによってブログを書きながら
妻と待ち合わせ。

そのスタバはとても居心地が良くて、
人とお会いするときは、大抵そのスタバで
待ち合わせをすることにしています。

場所的に少し目立ちにくく、客足も多すぎず少なすぎずで
上野でスタバに行くときは、必ずそこの店舗って決めているんですよ。

実はここのスタバって、僕史上最高の接客の良さ、
スタッフの人当たりの良さがだと思ってて、
(全員じゃないんだけど)
いつも心地よい対応をしてくれるから
通っている理由のひとつ。

妻と娘と待ち合わせたあとに
コーヒーを飲んで帰ろうとした時も、
顔見知りのスタッフの方が駆け寄ってきて

「お子さん大きくなりましたね〜!
お声掛けしたかったんですけど、
なかなかお店抜けれなくて、、、」

と、わざわざお店から出て声かけてくれました。

これをどう取るか?
は、人それぞれですが
ぼくはとても嬉しかったし、
改めてそのお店のことが好きになりました。
意識的にも、きっと無意識的にも。

同じサービス業、接客業としては
こうやって、サービスを受けた時が
非常に勉強になるし、見習わないといかんなぁ
と思う瞬間です。

とくにこうやって、
入り口のときはいい顔するのは当たり前だけど
帰りは突慳貪、、、
なんてお店もある中で、
帰り際まで、きっちりとお店の良い顔を見せてくれるのは
非常に良い印象ですよね。

さきほどの美容師さんも
代金の支払の時に、ぼくが

「細かいのばかりでごめんなさい・・・」

と、いったら、

「いえいえ!小銭不足するから助かりますー!!!」

と、素敵な笑顔でフォローしてくれました。
これが本当にしろ、そうじゃないにしろ
ぼくはとても安心感を覚えるし
そのお店に対して、最後に良い印象を持って
帰ることができたわけです、

このように、
コミュニケーション能力の向上とか、
コミュ力UP!など考えるのであれば、
あった瞬間から別れ際まで、
細かいところまで気を配る必要があるんですよね。。。。

だからこそ、コミュニケーション能力って、身につけるのに時間がかかること
なのかなぁ?
なんて思うこともしばしば、

とはいえ、

人に喜んでもらうことを考えて、
実行するのてそんなに難しいことではないんですよ。
ちょっと挨拶したり、笑顔で向かい入れて、
笑顔で送り出す。
そんなちょっとしたことでいいんだよね。

大げさに考えないで、ぜひやってみてください!

P.S.

すごい簡単な事例のおすすめ本があります。

なんと今日で発売一周年です。

1年あっという間だなぁ・・・。

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
田村祐一

編集後記

実は、
おなら事件の衝撃が大きすぎて、
すぐブログ書くために、スタバ寄ったんだよね。。。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。