コラム

頭のなかのコビトさんより。

こびとさん

わいや
田村のあたまのなかのコビトや
きょうは、田村にかわって、わいがブログかくで。

なんで関西弁かっって?
まぁ、こまかいことはきにすんなや。
出身?
千葉県の浦安市や。

あんな、今日な田村のやつな
娘おるやん?
めっちゃかわいいむすめや.
あれな、

ぷぷぷぷぷ(笑)

アホなんやで?(笑)

聞きたい?聞きたいやろ?(笑)

あいつな、
かわいかわいい、って娘のことだっこしてててな、
でれでれやん?
んでな、娘もいい加減嫌だったんだろうな
うざかったんだろうな、
最近、覚えたての張り手をな

おら!おら!って

戯れるふりして、
田村の顎に2発いいの打ち込んでんねんや
しっかり、内角をえぐり込むようにな!

そしたら、な

わい、ずっと田村の頭の中で冬眠してたんだけどな
めがさめてん。

んで、楽しくなってな、頭のなかであばれてるせいか

たむら頭痛でしんどいって、顔と目が死んどるんや(笑)

うけるやろ??(笑)

でな、あいつな、
ブログかこうとしててな、でも頭痛いから、
画面も見れなくて、
かけないやん?

だから、しょうが無いからわいが一肌脱いで
代わりにかいとるんや。

あいつ明日おどろくでー!

わい、ブログなんてかいたことないけどな、

こんなん、ちょちょいちょいとやればええんや。

でもまぁ、こんだけかけばじゅうぶんか?

わいにかかればブログなんてちょちょいのちょいや

大切なこと教えたるわ、
ありがたいお言葉やで?
よく聞いて、メモしとき。
ええか?

こどもかわいいからって、あんまり可愛がりすぎるなよ?

顎にええのもらうで。

じゃあの。

本日はここまでや。
最後まで読んで時間無駄にしたな(笑)
じゃあの
田村の頭のなかの小人より

編集後記

更新した覚えのないブログが・・・。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. ついに・・・やってしまいました・・・。
  2. 他人の無意識って意識してますか?
  3. こびとさん 久しぶりやな、コビトさんやで。
  4. かき氷 ◯◯マニアの番頭と呼ばれる理由
  5. ドラッカー 強みの上に築け!
  6. ねこちゃん 数々の健康本を読んできたぼくがオススメする1冊。
  7. 名刺交換 日本一◯◯交換の多い銭湯?
  8. アインシュタイン 創造的になりたい”あなた”へ、やってほしいたった1つの簡単こと。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 名刺交換
  2. かき氷
  3. 天国
  4. 書籍紹介
  5. ブログ
  6. シャンパン
  7. 日の出湯
  8. メモ
  9. お客さま

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP