コラム

長男のひとりごと。(本当にただのひとりごと)

おばあちゃん

ぼくは、ばあちゃんと、生まれた時からずっといっしょだ。
正確にはずっと一緒に住んでいた。
4年前に浅草に引っ越すまでは、
(正確には稲荷町なんだけど、昔は地名が浅草だったみたいで
家族はみんな、「浅草の店」って呼んでる)

約30年くらい一緒に暮らしてきた。
とうぜん、一緒に住めば色んなこともたくさんある。
子供の頃、一緒に池に落ちたり、
駅ビルにご飯を食べにつれてってもらったり、
爺ちゃんと、ばあちゃん田舎に旅行に行ったり、
中学生くらいになってからは、
色々と、喧嘩したこともあったし、
むかつくなー!なんて思うこともいっぱいだ。

でも今は違う。
離れて暮らすと、そういったこともなくなる。
一緒に住んでいたおばあちゃんに、

「またあそびにおいでね」

なんていわれてしまうのだ。
最初はそれがすごいさみしかった。
(最近は慣れたけど)

うちの婆ちゃんは86歳。
結構いいとしになってきた。

実は今日が誕生日だ。
だから、昨日の休みの日に、
実家に帰ってお祝いをしてきた。

ぼくら夫婦と、妹夫婦、
そして、父親と母親、

前は、みんな一緒に住んでいたけど、
いつの間にか、離れて暮らすようになった。
(とは言え、みんな近いんだけどね!)

一緒に住んでる時は、近すぎて話せなかったこと、
そんなことも、ボチボチと話すようになってきた。

一緒に住んでるとなかなか言えないようなことも、
離れると言いやすくなるのだろうか?

まぁ、それは置いといて、

やっぱり家族だから、みんな仲良くし、
お互い幸せに生きていく。
幸せな老後生活を!

というのが、ぼく思い。

そのためには、
コミュニケーションをもっと取らないといけない、
とくに濃度というよりも
細かく何回も会いに行く、、

ということを意識したいと思っている。

1ヶ月に1回実家に帰っても、
会える日数は、あと200日とかかもしれない。

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
本当に、ただのひとりごとでした(笑)
田村祐一

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 温泉 女の人もお風呂で「 」って言うのかな?あれ、男の人だけ?
  2. 歩いた子供 何でもないような事に感動するようになってしまった。
  3. タオル 一生懸命に仕事してますか?
  4. 人生を変えたブログの話
  5. エレベーター 雑居ビルのエレベーターの中で
  6. めんどくさいからやる 5分で終わる事を先送りしている
  7. 常連さんが増える会話のコツ 87歳のおばあちゃんがやってみた!?
  8. アパレル あの有名アパレルブランドが毎日30%〜50%SALEのお店に。。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. メモ
  2. かき氷
  3. 天国
  4. 墓参り
  5. ねこちゃん
  6. シャンパン
  7. 名刺交換
  8. ブログ
  9. 書籍紹介

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP