BLOG

ブログ

タオル

このタオルには思い出があります。。
7ヶ月と少し前の2015年6月の終わり、
妻は、このタオルで、
汗と涙を拭きながら
必死で、出産をしました。
このタオルを見るたびに、
出産の壮絶さを、思い出します。。。
子どもが生まれた瞬間は、

本当に凄いな、、、
よく頑張れるな、、、

と、妻のがんばり、
世の中のお母さんのがんばりに
尊敬とびっくり仰天でいっぱいの気持ちになりました、、、

男はオロオロするだけ

よく言われるのが、

「男はオロオロしてるだけ、、、」

出産の時に男性は
オロオロするだけで何もできない。
そんなことが巷では囁かれています、、、
ですが、
僕は違います。

「オロオロすることすらできませんでした(汗)」

出産という人生に一大イベントに立ち会うも、
ぼくは特にできることもなく、
ただそば、

でぼふぇ〜〜〜〜っとしてるだけ、、、

と、なると
これからのぼくのできることは、
一生懸命働いて、
家族の生活を支えることだけ、、、
なのではないかと思うのです。

上場企業の社長の働き方

子どもが生まれてから7ヶ月、

一生懸命に働いているか?

と、自分に問いかけると
胸を張って
「YES!!」
とは、言えない自分がいます。

先日、とあるTV番組で
上場企業の社長が3時間睡眠で働いている姿をみました。
そりゃ、上場するくらいの会社なんだから
それだけ働くよな。。。
と、妙に納得した反面、
じぶんがあまりにも働いていない、
仕事をしていないことに気が付きました。

番台にいる時間は7時間〜9時間
ですが、
これはぼくにとっては仕事でもなんでもありません。
素敵なお客さまに囲まれ、
気楽に会話をし、
自分も楽しい気分で過ごすことも多いので、
仕事をしているか?
と、問われると
「NO」
と、言わざるを得ません、、、

元気に働ける時間もそう長くない

60歳を定年と考えると
(いまは違うみたいだけど、仮にね、仮に!)
あと働ける時間はだいたい25年。
そう考えると、意外と短いですよね?
働かないと生きていけないのであれば、
ここは、家族のためにも
もっと一生懸命になって働かないとイカン
もっともっと行動量を増やし、
あれこれやらないといかん。
そう思っています、、、。

働くということは、
ぼくの中では、人を幸せにすること、
沢山の人を幸せにすることで、
対価を頂き、
そのお金を使って、家族やスタッフ、
身の回りの人を幸せにする。
そういうことだと思っています。
もちろんここは価値観は色々ですが、、、

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

編集後記

宝くじあたんないかなぁ。。。

記事一覧

田村祐一

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。