コミュニケーション

なぜ健康に気を使うのか?

昨日、

「健康に気をつけてる?」

というタイトルで記事をかきました。

それを読んで頂いた方に

「なんでレモン水なの?」

「なんかレモンに意味あるの?」

と、聞かれたので、

今日はそれについて

書くことで、お答えします。

すべては好循環のため

lime

一般的には

寝ている間には

200〜500ml

の、水分が失われている

と、言われいます。

そして、

朝起きて大抵の場合は

トイレに行きます

よね?

と、なると

体から結構な量の水分が

体の外に出ている

と、考えよいと思っています。

なので

朝起きてすぐに

水分を取る

ことにしています。

そして

なぜレモンを入れるのか?

これは

レモンに含まれる

ビタミンC

これによって、

水分をより吸収しやすくし、

風邪を予防します。

また、

肝臓、腎臓のデトックス効果も期待し

レモンに含まれる

リモネンを嗅ぐことで

体内時計をリセットする

そんな効果もあるのです。

実は、レモン水を飲む

たった、それだけのことなんですが

こうして、

いろいろと身体に良い

効能がたくさんあるのです。

つまり、

一粒で、2度も3度も美味しい

そんな健康法といえるのです。

植木にお水をあげるのも・・・

昨日の朝の習慣の

「植木にお水をあげる」

これも、実は

体内時計のリセット

の、ためにやっています。

人は日光を浴びることで

メラトニンの分泌が止まり、

脳が覚醒状態になる

そんな効果も狙っています。

そして、

同時に太陽光を浴びることで

セロトニンの分泌を促し

良い精神状態をつくりだすことで

「1日の精神を良い状態に保つ」

そんな効果も狙っています。

全ては良質なコミュニケーションを取るため

小さなことから、

大きなことまで

結構に気を使っているのですが

なぜそんなに気をつかうの?

長生きしたいの?

病気なの?

そんなふうに考える方もいるかもしれません。

実はこれはすべて

「良質なコミュニケーションを取るため」

なんです。

コミュニケーションの資本は心と体。

精神的にも

肉体的にも

不健康であると

良質なコミュニケーションは取れません

ちょっと想像して欲しいのですが

徹夜の仕事明けで、物凄い疲労感と眠気

そんな日に、テンションの高い同僚が声をかけてきました

「うい〜〜〜〜〜〜っす!!最近DOなの〜!?」

どうでしょう?

気持よく対応できますか?

ぼくは間違いなくできません(汗)

だからこそ、

いつでも

元気で

どんな対応にも

華麗に

優しく

思いやりをもって

対応できる

そんな

精神状態

肉体状態

を、保ち続けたい。

(全然できていないんだけど汗)

そう思い、健康に気を使っているのです。

本日はこのへんで!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

編集後記

まだまだ、勉強途中です。
理論的に、一般的に違う
そんな点も多々あると思いますが
生暖かい目で見守ってください(笑)

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. 寿司 招かざる客
  2. 名刺交換 日本一◯◯交換の多い銭湯?
  3. メール うざいアドバイザーからの手紙
  4. 商売繁盛セミナー POPで悩んでいるなら参加すべきセミナー
  5. エレベーター 雑居ビルのエレベーターの中で
  6. 常連さんが増える会話のコツ 87歳のおばあちゃんがやってみた!?
  7. 土下座 すいませんでした!!!
  8. 健康に気をつけてる?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 墓参り
  2. メモ
  3. 書籍紹介
  4. ねこちゃん
  5. シャンパン
  6. お客さま
  7. ブログ
  8. かき氷
  9. 日の出湯

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP