コミュニケーション

銭湯にある思わぬ出会い

銭湯には思わぬ出会いがある?

日の出湯には、たくさんのお客さまがいらっしゃいます。

そんなお客さま同士、

思わぬ出会いがあることもあれば、

久しぶりの再開をしたりと

さしずめ、人生劇場!?

のようなものを見れることもしばしば。

もちろん、お客さまだけではなく

ぼくに会いに、遊びに来てくれる

久しぶりの友人、

温浴業界同業者、

はたまた、初めての人!?までも

たくさんの出会いがあるのです。

かつてぼくは、

日の出湯は、

“SNS=「ソーシャルネットワーク銭湯だ!」”

銭湯を思わぬ出会いのある場にしたい!

人と人がつながっていくハブのような場所にしたい

そんなことを言ったことがありました。

言ったはいいものの、

それってどうやるんだろう?

なんて、考えているうちに

いつのまにやら、そんな銭湯になっているなぁ

と、感じるのです。

思わぬ出会いが人生のステージを変えることもある

かつてぼくは、

”銭湯部”

という、銭湯のバックヤードツアーのようなイベントを開催していました。

それがきっかけで、数多のメディアに出させていただき、

その後も、新聞記者の方、ライターの方、

と、つづけてお付き合いがあるということがありました。
(たまにふらっとお風呂にきてくださるような関係なだけなんだけど笑)

ですが、そんな細く、ゆるい関係でも

面白い人がいると、その方にご紹介してみたいと思ったり、

お互いが出会うことでなにか面白いことになるのではないか?

そんなことを思いながら、人と人を繋げていく?

ようなこともありました。

日頃お世話している、IGOホールディングス。

彼らは、まさに銭湯での思わぬ出会いで、

人生のステージをあげていきました。

asahinewsp

そして、次はいつかはぼくが出たいと思っていた日経MJ

IMG_4310

まさか、たまたま来たお客さま同士が

日の出湯でつながり、

こうしたメディアに登場していく。

ちらっと本音がでたけと、やっぱり嬉しいものです。

こんな瞬間も、

「あぁ、大変だけど銭湯やっててよかったなぁ」

なんて気持ちにさせてくれます。

Serendipity

Serendipity

ぼくは思わぬ出会いを大切にしています。

している、というよりしようと思っている

というほうが正しいのかもしれません。

名刺入れにも、Serendipity(思わぬ出会い)

を、大切にしていることを忘れないようにと

近くの革細工屋さんで、刻印していただきました。

そんな思わぬであいのひとつに

こんな楽しいことがありました。

wtamura
この写真、真ん中はぼく。田村祐一です。

左のかた、こちらの方も実は

田村祐一さん

同姓同名なんです。(笑)

そこにたまたま、荒川区の若きイケメン銭湯経営者

栗田さんがやってきて、三人で記念写真をとったのです。

ぼくじゃない田村さんは、とにかく長距離ウォークが好き!?で

東京から、静岡まで歩いていったり、

東京から福島まで歩いて行ったり、

と、真ん中の田村祐一よりも超アグレッシブでアクティブなんです(笑)

そんな田村さんと出会った、栗田さん

いつか一緒に歩いて旅しよう!

なんて話でもりあがりっていました。

もし、二人が歩いて旅に出たら

ゴールはぜひとも日の出湯にしてほしい。

なんて勝手に思っています。

本日はこのへんで!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

編集後記

今日これから、大阪から若き銭湯経営者がいらっしゃいます。
そんなふうに、訪問していただけるのも
場所があるからだなぁ。
と、銭湯を残してくれた先代たちに改めて感謝です。

田村祐一

投稿者の記事一覧

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目
、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、
日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。
2015年1月プレジデント社より「常連さんが増える会話のコツ」を上梓

関連記事

  1. ひなまつり 最も丁寧にコミュニケーションを取らなければいけないのは、、、
  2. 横断歩道 得する人と損する人の違い
  3. 16分 ブログは気楽に書こう!
  4. 著者 トゥーシャイシャイボーイ系職人。
  5. 財布 あなたの財布は見られています・・・!
  6. ブルーボトルコーヒー Macユーザーを本気でやめようかと思った話。
  7. 頭痛と酷い肩こりの原因は○○が原因だった。
  8. コインランドリー 変質者に遭遇しました、、、。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 日の出湯
  2. お客さま
  3. シャンパン
  4. 墓参り
  5. 名刺交換
  6. ブログ
  7. ねこちゃん
  8. 天国
  9. 書籍紹介
  10. かき氷

メールマガジン

読むと、少しずつコミュニケーション能力がUPする当ブログの更新情報や、セミナー等の先行案内が配信されるメールマガジンです。 オトクな情報を逃したくなければ、ぜひご登録ください。 もちろん解除はいつでも可能です。

メルマガに登録

プロフィール

ProfilePhoto

田村祐一(タムラユウイチ)
1980年12月生まれ。
東京蒲田にある銭湯
「大田黒湯銭湯第二日の出湯」
の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、有限会社日の出湯に就職。
釜炊き、風呂掃除、薪集めなど、
裏方の仕事を8年間続ける。
2010年、銭湯のバックヤードツアー
「銭湯部」を創部。
Twitterを中心に、
朝日新聞、NHKをはじめとした数十のメディアに登場する。

2015年1月、地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツをまとめた書籍『常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)を上梓。

セミナー講師としても、コミュニケーション能力向上やコンタクトポイントであるブログ・SNSのコミュニケーションブランディングなどの講演多数。
東京にとどまらず、南は九州、北は東北など全国各地からの講演実績をもつ。

町の地域コミュニティである銭湯で学んだコミュニケーションのコツを世の中に広め、気持ちの良い接客ができるお店を日本中に増やすことを目標としている。

著書

PAGE TOP